FC2ブログ
flower border

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活性型ビタミンDパルス療法について技士長に聞いてみたぉ♪

Category透析ピープル



ただいま透析ちゅ(๑•̀д•́๑)キリッ





さっきね、技士長が通りかかったので呼び止めちゃいましたぁ(p^Д^q)

今日のドクターはDr.Bなんだけども、ちょっと技士長にも聞いてみたいことがあったのです。



今日はね、
まるにゃんが透析室に入ってきた時、ちょうどDr.Bは朝からの患者さんを回診してました(*´∀`)

で、フロアの角っこの患者さんまで回診が済んで立ち去ろうとしてるDr.Bと、まるにゃん目があったのですけどね、

目があったのでもちろんお互いに挨拶交わしたんですけど、その時Dr.Bが、

「まるにゃんさんは…ちょっと…うん、後できます」

って言い残して去ったんですよね。


むふふ。
かわい子ぶりっ子&タヌキじじぃのいんちょのように、まだベッドに横にもなっていないまるにゃんの回診を立ち去り際にササ~っと済ませちゃおう!
…みたいなことをしないDr.Bはエライ!
d( ̄(エ) ̄d)☆very good☆(b ̄(エ) ̄)b



ってことで、
たぶん600超えちゃってるPTHのことだろうなーと期待して待ってるんですけども、

なかなか来ないなぁ~|ω・`)…と思ってたとこへ、
技士長がふら~っと現れたのでね、

ちょっと呼び止めちゃったのです(*´∀`)




二次性(腎性)副甲状腺機能亢進症の治療法のひとつに、


活性型ビタミンDパルス療法


っていう治療法があるのだけども。

まぁ「パルス療法」っていうくらいなのでわかりやすいと思うんですけども。

要するに薬剤を大量投与→断薬…のように極端なやり方で身体へのアプローチをすることで、
劇的な数値改善を期待するやり方なんですね。

まるにゃんの副甲状腺ホルモン(PTH)の過剰分泌を抑えるためにするパルス療法(活性型ビタミンDパルス療法)というのは、

つまり活性型ビタミンD製剤などを大量投与→いったん断薬→様子をみてまた大量投与→断薬

…みたいなやり方だと思うんですよね。

けどネットからの知識だけなので、ちょっと専門家に相談しなくちゃ(`・ω・´)シャキーン

って思ったわけなのです。


↓こいつをね、せめて200台に下げたいわけです。



で、
技士長に相談したところ、技士長の意見は
PTX(副甲状腺摘出手術)は最終手段」

「パルス療法はちょっとタンマ」

「だってまだレグパラは効いてくれるはず」


ってことでした。

先週いんちょがレグパラの量をまた増やしてくれてるのですけども、
その効果を診るためにまた1ヶ月様子見をしよう、

ってわけです。

PTX(副甲状腺摘出術)はいつでもできる」

だそうです。

ふむ(´・ω・`) 。
そーなんだ、いんちょと同意見なんだ。



(=ↀωↀ=)✧

ふーん。









あ、そうそう。

まだ透析になっていない保存期で「慢性糸球体腎炎(IgA腎症)」の場合に高率で適応になる「扁桃切除+ステロイドパルス療法」っていうのもありますね。




けどその昔、まるにゃんが慢性腎炎になったばかりの頃はですね、
そんな治療を勧められなかったですねぇ(´・ω・`) ショボーン


というか、昭和なまるにゃんの記憶では
何日も入院してまでやった腎生検の結果としてただ単に、

「慢性糸球体腎炎です」

「今後はスポーツはしないようにして、なるべく疲れないように暮らしていきましょう」

…みたいな…(´・ω・`)

まるであと数年しか生きられない死病の患者のように言われただけで、
IgA腎症という言葉を医師はいっさい使わなかったですね。




調べると、IgA腎症の概念や治療法が定着したのは1990年代だそうで、

なのでもちろん「扁桃切除+ステロイドパルス療法」も当時は確立されていなかったのでしょうねぇ…(´・ω・`)


その数年後まるにゃんは母を亡くしてみなしごになってしまい、おかげで誰にもうるさく言われないものだから、
若さに任せて病院通いなどしなくなってしまったのでした。

ま、そんな勝手気ままな暮らしぶりだったので、
後に「扁桃切除+ステロイドパルス療法」が確立されてきたことなどなんにも知らなかったわけで…。

症状がまったくなかったことも手伝って、長らく腎炎を放置しておりましたよねぇ…(´-ω-`)


早く扁桃切除+ステロイドパルス療法をしていたら…

ってたまに思うことがありますけども、
まぁそんなことを思ったところで覆水盆に返らずですからね。




あ、Dr.Bがきた(=ↀωↀ=)✧

つづきは次の記事で!

フリフリ ヾ(・д・。)マタネー♪



スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。