FC2ブログ
flower border

古い時代をひきずる透析室

Category透析ピープル
数日前のひどい夜更かしがたたり、以来寝る時間がずーっとズレ込んだままのまるにゃん@最近血圧絶好調~♪なのです|^・ω・)/ ハロー♪





昨日、またしても夕方から爆睡。
深夜に目がさめました(♪-∀-) えへ

夕方って、
まぁ透析から帰宅してからですけど。

毎週楽しみにしてるNHKのアシガール観てね、…志村動物園観て、
ごはん食べなきゃなぁ~…

って思ってたらいつのまにか爆睡してしまいました(≧∀≦)

寝起きでお腹がグルグルと、ネコのノドのように鳴っていたので、
まだ半分寝ながらメロンパンをモグモグ。

ブログ更新したらちゃんとしたもの作って炭水化物以外を補充しなきゃ~(。>∀<。)





あ、本題ですけど、

昨日土曜日の透析室でのことなんですけどね、
透析しながらまるにゃん、3人のスタッフに同じ質問をしてみました。

最初に、アラフィフベテラン技士さん、

次に、アラフィフ?看護師さん、

で、最後にお気にの技士ちゃんに。


だってね、最初のふたりがふたりとも、違うこと言うわけ(;-ω-

しかも考え方がすっごいズレてて…( ;´Д`)

だからいちばん信用できるガリちゃん(お気にの技士ちゃん)に最終確認したのですよ。



質問はですね、

「プライミングに使う生理食塩水の量とプライミング時間は?」

「返血でなぜ400ml以上も必要なの?」


このふたつ。




過去記事で書いてるんですけど、

さらにアレがね、これまたありえないレベルで間違いだったと発覚。
(ノ)゚∀゚(ヾ)

「7分 700ml」ってやつね、7分も700mlもどっちも間違いでした。




(-_-;)ホントカ・・・オイ

くわ~、ダレも信じられん…(;゚Д゚艸)






ま、じっさいのところ、プライミングの内容は

「3分 800ml」

だったのです(^・ω・^).....ンニュニュ?

コレが800mlの証拠ね↓



27歳になりたてホヤホヤのガリちゃんはですね、
まるにゃんのブログの存在を知っている唯一の人なんですけど、

だからもちろんブログをいつも読んでて、

「そういえば、こないだプライミングのこと書いてましたよねぇ。あれ~? プライミングって7分もしてないような…って思ってました」

って。

なんで「ちがうよ~」って教えてくれなかったの、って言ったら、

「忘れてました(≧∀≦)」

だって。

にゃはは(≧∀≦)
いいねぇいいねぇ(≧∀≦)

そういう粘着性のまったくないサラーっとした性格がいいのよねぇ!ナイス!d(゚ε゚d)





透析が終わってガリちゃんが回収作業してる間にいろいろ尋ねたわけだけど、
抜針が済んでまるにゃんがベッドに起き上がったら、
ガリちゃんがコンソールのパネルを操作して、こっちへ向けて見せてくれたので、この目でしっかと確認できたのでした。


「QB350で回すから…」

とつぶやきながら、ガリちゃんパネルをピッピッと…、

「ほら、生食800でQB350って入れたら3分て出た。うん、3分です」

「ほんとだ」とまるにゃんボー然。


撮影し損ねたけど、確かにガリちゃんの言ったように表示が出たのよね。

プライミングは、「生理食塩水800mlを使用して、QB350mlで3分、自動で行われる」

ってハッキリしました(ฅ`ω´ฅ)キリッ




ビックリだったわぁ~もう(o゚∀゚o)

最初、だいぶ前にだけど、ベテラン技士くんに聞いたのに、なんであんな間違いを教えるんだろう(;-ω-)ゞ
変だよねぇ…。

ちょうどコンソール(安かろう悪かろうだと悪名高い二プロの新しいやつねw)を新しいのと入れ替えした時期だったから?
前のコンソールの時のを間違えて教えちゃったとか⁈

うーん( ̄ー ̄)


わかんにゃい!!( ノ──__──)ゝ





あと、返血の戻し分の量のことね。

今現在、まるにゃんがお世話になってるクリニックではですね、返血時に生理食塩水を300ml使ってます。

その300mlと回路やダイアライザー内に残った血液分を含め、最終的に400ml強の量が返血されます。

ということでね、
総除水量が、体重の増え分に400mlを足した量で計算されてるわけです。



ま、それはいちいち尋ねなくてもわかりますよね、耳と目があれば。




けどね、
実は返血に今みたいに400ml以上も使うようになったのって、ここ2年ほどのことなんですよね。

以前は200mlでした。
100mlで返す場合もありました。




まだまるにゃんが今ほど図々しくなかった(除水量を毎回自分で決定するとかしていなかった)最初の頃(5年9ヶ月前)の話ですけども、

実は今考えると恐ろしいんだけれど、
エアー返血してたんですよね、このクリニック。


と言ってもその頃は、2年半の透析離脱期間を挟んでの久しぶりの透析生活に突入したことが、
まだなんとなくうまく受け入れられず、かなり気持ちを不安定にしていましたからねぇまるにゃん。

ま、平たく言うとちょいグレてましたので、
自分の透析に対してあまり積極的な態度ではありませんでした。

あと、まだ完全無尿にはなっていなくて除水量も大したことなかったので、

その意味でも、除水に関して神経質になる理由がなくて(♪-∀-)

つまり、あまり気にしていなかったんですよね、返血がエアーだとかも。



「エアーで返してるなぁ」

とはじっさい思ってたけれどもね、

実は2003年から2009年までお世話になったクリニックでは、
最初からずーっとエアー返血だったのもあって、
それはまったく気にならなかったのです。

まぁよくも悪くも、「それがあたりまえ」っていうか、「普通」だと思ってきていれば、何も違和感が生じませんよね。




今のガリちゃんなんかは、このクリニックの古株スタッフとちょうど入れ替わるようにして来た子なのです。

つまりこのクリニックの27年の歴史の中で、古い時代のスタッフたちと交代した新しいスタッフで、
今のクリニックは回ってるんですよね。


ま、厳密に言うと古い時代のスタッフも多少は残ってます。

「7分 700ml」って堂々とウソを教えたベテラン技士くんとか、かなり古株らしいです。

あとね、産休から戻ってきて働いてる看護師さんがふたり。

あと、一度辞めたのにたぶん頼みこまれてバイト的に来てる古株さんがふたりほどいるよね。

その他は2年前あたりから来ている新しい人ばっかりなのですよ。






でね、
ガリちゃんが来たばかりの頃、まだエアー返血してることにビックリしていて、まるにゃんにポツリとつぶやいたのですよ。
「こわい~!!!!ヾ(´囗`。)ノ」って。


ガリちゃんは大学で「エアー返血は禁止」って習ったらしく、かなり驚いてたのが記憶にあります。



その新旧入れ替わりの時期に、だんだんとエアー返血をしないようになり、

で、いきなり生理食塩水300mlを使って返血するシステムに変わったわけなのです。



けどさ、
昨日最初に聞いたベテラン技士さん、

「脱血はグレーゾーンなんですよ」

とかなんとか言ったのよね。


まるにゃんが、なんで患者の負担も考えずに400も余分に引いて余分に戻すのか理解できない、と言って、

さらに「脱血開始すれば200近くは捨てられて、戻しも200ちょいで済むよねェ⁈」

って聞いたことに対しての答えが「グレーゾーン云々」なんだけど…、



でもこれをガリちゃんに言ったら、

「グレーゾーンて?」とキョトン。

「脱血で、回路を外して充填液を捨てる、っていうその動作の衛生面のことをそんなふうに言ってたよ」

「はぁ? じゃあプライミングは? プライミングも脱血も結局はおんなじやり方なのに」

「そうだよね」

うん、そうだ。ガリちゃんが正しい!
どこからどう考えても!


(ฅ`ω´ฅ)キリッ




どうして3人が3人まったくちがうことを言うのか(・_・|ジロリ


つまり3人とも認識がバラバラってことですよ。

おんなじ透析室で働いてるのにさぁ…。




うーむ(・_・|

ムチャだよねぇ…(;''A`)







…てことで、

昨日の一連のアレコレでまるにゃんがなんとなく思ったのはですね、

古い時代の透析を、いまだにひきずって働いている人たちが数%はいる、ってことだなーと。。

で、スタッフたちに、なかなかひどい「認識の違い」が生じている。




このままでいいのかねぇ。

(?´・ω・`)





あ、そういえば。

ぶら下げてある生理食塩水のパックは1300mlでした!

そこから800が自動プライミングに使われて、
そのあと手動で、回路なんかをちょっと念入りに流したりすれば100程度使う場合があるらしい。

なのでパックには400強くらいの生理食塩水が残った状態で透析が始められる、っていう手順だとわかりました。



もともとはね、 昨日透析中に、パックの残が400あるのを見たので、
それでたまたま血圧はかりにきた技士さんにまず尋ねてみたのでした。

「なぜ400?」

って疑問が生まれたのです。





ま、ひとつ謎が減ったのはよかった(。>∀<。)

あーつかれた!



フリフリ ヾ(・д・。)マタネー♪

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment