flower border

ベテラン看護師Aさんはかなりシャイなのでした(*´∀`*)

Category透析ピープル

↑よくいく本屋さんのテラスにテーブルが置いてあって、買ったばかりの本をここで読んだりします。
今日はちょっと寒かった((( ˘ω˘ )))クソサミ


ここは昨日も来ていて、写真はたぶん昨日のやつ。
昨日は何も買わなかったくせにわざわざテラスに出てボォーっとしてました(#^.^#)

今日買った本はこれ。
表紙の子供の目に吸い寄せられました(*´罒`*)♥




少し前の記事(「透析室スタッフは責任感のかたまりでとてもデリケートなのです」)で宣言したように、この土曜日はたまたま透析室入口で出会った技士長に、

「もし手が空いてたら今日はAさんでよろしく~」

って言ったら、技士長が「へっ?」とか言ってマヌケ顔するのであった(´▽`*)アハハ

ま、まるにゃん誰かを指名する習慣ないですから(^ω^
「い、いきなりなんのこと?」ってマヌケ顔にもなりますよね(*´艸`)


「トラウマは早めに克服しないとだから∠(・`з´・)キリッ」

説明不足かな?とチラッとは思ったけど、かと言ってすっげー重々しい言い方で指名するのはなんかこっ恥ずかしいので、
ま、それだけ一言だけ言ってまるにゃん技士長の前から去ったんですけど。

ちゃんと、まだまるにゃんがベッドメイキングし始めたばっかりの早々のタイミングで、Aさん穿刺セット持って来てくれました(*´ω`*)


あっ、このタイミングでね、ベテラン技士イヤミ君が、まさに「5段階除水のパターン設定」をしてくれたんですけどね(*´艸`)
前回の記事参照)


でね、イヤミ君が去った後で、いつもと全然違うすごくちっちゃい声で、「ありがとぅございます」ってAさんが言ってくれたんですよ。・゚・(ノД`)・゚・。カンドーシタ。

もー瞬殺されて泣いちゃいました、まるにゃん。
号(┳◇┳)泣

(涙を見られないようにマスクを目のとこまで引っ張り上げましたけど( 。•̀_•́。))




でね、もっと感動的なことに、NさんがAさんのヘルプについてくれ…(இдஇ; )


NさんはAさんと仲良しの、やっぱベテラン看護師さんで、
まるにゃんあの日、Nさんに必死で「Aさんは何も失敗なんかしてないよ、今回のはよくわからん何かの拍子だからね」って力説していたんですよね。

「Aさん穿刺がうますぎて、それで何にも痛くなかったんだから、そんなのは穿刺の失敗とはいわないと思う( ー`дー´)キリッ」

って、そんなようなことを何度も、たまたま話を聞いてくれてたNさんに、まるにゃんしつこく繰り返したのです。


でね、それがあったからかどうかわからないんだけど、Nさんが回路を掲げてAさんの背後にくっついてスタンバイし、
今まさに穿刺しようとするAさんに、

「2本ともいっぺんに刺していいよ、まるにゃんさん固まるとか全然ないからね」

って…(இдஇ; )


Aさん、
「えっ、だ、大丈夫かな…」

Nさん、
「うん。まるにゃんさん固まったことないですもんね!? いっつも2本刺してからつないでも固まったことないですもんね? だからいっぺんに刺してから後で繋いでも全然大丈夫よ」

って(இдஇ; )




( ;∀;)カンドーシタ


Nさんのこの素晴らしいフォローと優しさには、まるにゃんもう毛布に頭までもぐらなきゃダメでした。゚( ゚இωஇ゚)゚。





うん。
ガリちゃんはじめ、慣れてるスタッフはたいてい、まるにゃんの穿刺を両方してから、後で回路につなぐのです。

何故と言って、まるにゃんの血管1本しかないし、その1本にAとVを逆さしにするのだけども、

駆血してまず1本刺し→駆血帯を解いて回路をつなぎ→ふたたび駆血して2本めを刺し…

のような手順だと、やる側はそれが間違いなくていいんだけども、
そのやり方だと、実はまるにゃんがちょっとツラいんですよね(>︿<。)


それを「実はつらい」って誰にも言っていないんだけど、
なぜつらいかというと、

①穿刺部位が皮膚の柔らかくて過敏な裏側(尺骨側)なので、時間や手間がかかるほど、針の刺さってる部分にテンションがかかって、それが痛い。
特に繋いだ回路の重みが針穴に響いて痛むので、1本繋いだら、時間を置かずにもう1本もつないで早くテープ固定してもらえたほうが、針穴にいつまでもテンションがかかる不安や痛みが減る。

②同じ血管に2本を刺すので、つまり駆血も同じ腕に2回するわけで、それもけっこう痛い。


のような細かい事情があったりしてね(>︿<。)

だけど、これは今初めてこの記事で告白することで、スタッフの誰にも言っていないのです。



なのに、Nさん、まるでそれを知っているみたいに「いっぺんに刺していいよ、」って。。



そんな個人的な事情もあって、とにかく涙ボーボーだったのでした。

号(┳◇┳)泣




Aさん、以前のように穿刺バッチリ決まりました。
ヤタ───ヽ(〃∀〃)ノ───♪


よかった、これでトラウマにならずに済むといいなぁ…

ってまるにゃんAさんに「ありがとー」ってお礼言いながらめちゃくちゃ安堵の吐息を漏らしていたら、
Aさんがまたしても極小の声で言ってくれたのです。

ありがとうございました


こんな泣けることってある?


書いてたらまた涙が出るし(இдஇ; )



ま、そんなこんなで、Aさん、少しは元気になってくれたのでは?
と思うんですけど(*´ω`)



今日はこれから忘年会じゃ∠(・`з´・)キリッ
明日はいつもよりだいぶ増えていく予定じゃ∠(・`з´・)キリッ



そんじゃまた!
εεεε*。:・''((⊂(っ´・∀・)っ イッテキマース!!



人工透析ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

4 Comments

前田耕造  

わかるわ〜それ。うまい穿刺者ほど失敗した場合(ソレが自分のせいではなくとも)挽回しようとして再度チャレンジの機会を虎視眈々(?)と狙ってますよね。

あれ、多分穿刺失敗したひとへのお詫びというより自分の中でなにか納得いかない部分がある、みたいな感じがあります。

いや、Aさんの場合は純粋におわびと親愛みたいなモノを感じますけど。ウチの病院にそんなピュアな技士はいないのでわかりません(笑


あと話はちょっと変わりますが、オレの暴れん坊シャント(謎)はけっこう癖があって穿刺者泣かせ。で、最近は穿刺側でもあたらしい技を考えた。その名も「3交代制ピンチヒッターシステムver2.1」

どういうことかというとオレの穿刺時にはだいたいベテラン3人がぞろぞろやってくる。そしてひとりが穿刺。そこで血管の何かに引っかかってハリが最後まで入らない、そういうときに昔はひとりが悪戦苦闘してちょっと抜いて刺し直しとか何度もしてたのだが結構な確率で血管を痛める。
今は「きた!山田さん(仮名)交代して!手かえる」といって速やかに穿刺者交代。
つまり穿刺者が変わることによっての微妙な角度や癖の違いを利用して血管の引っかかりを回避するという荒技(?)
これが以前は2人体制だったのが、現在は3人体制に進化(笑)
これをやるようになって穿刺がかなりスムーズになった。

とはいえちょっとオレの時だけベテラン3人もかかっちゃって内心申し訳ないのだが。。。

2017/12/12 (Tue) 00:37 | REPLY |   

すみれオバサン  

まるにゃんさん、繊細なんですね(*^^*)すぐに涙ぐむなんて。最近はせん刺失敗が無くなったわー、前に毎回何かが詰まる看護師がいて、さすがにお辞めになりました。
前回刺した跡の真上から、また刺すのがダメなんじゃない?と思ったけど(^_^;)
居なくなって良かった🎵断っていいものか悩むとこでした

2017/12/12 (Tue) 16:03 | REPLY |   

まるにゃ@ん  

前田さま


こんばんは\( 'ω')/
お返事遅くなりました┏○ペコ

アレですよね、前田さん、シャントなしの時代もありましたよね(≧∇≦)ブヒャヒャ
もう恐らく上位3名の方々とか、日々殺伐たる透析室におけるちょっとしたレクリエーションとしての「3交代制ピンチヒッターシステムver2.1」なんじゃないですか?

スタッフと透析患者とは長い付き合いになると良くも悪くもマンネリしますけど、穿刺の失敗をした時の真顔、アレを見ると「やっぱりプロ意識があるんだなー」と再認識しますね( ^ω^ )

コメントありがとございました\( •̀ω•́ )/

2017/12/14 (Thu) 21:00 | REPLY |   

まるにゃ@ん  

すみれさま


こんばんは\( 'ω')/

いやいや、繊細というより、むかしから涙もろくて自分でも日頃から呆れるほどです(つω⊂* )

マラソンとか駅伝のラストスパートなんかを見て泣くのはまぁ普通でも、志村どうぶつ園の普通にかわいい犬やネコ見ていたらいつのまにかザーザーと涙でてますからねぇ(´σд-。)

あと、透析中によく古いサスペンスドラマの再放送やってるんですけど、可哀想な生い立ちキャラにすぐに感情移入してポロポロ泣いてしまうので、スタッフに見られないように涙を拭くのが大変です。

心因性の病気のせいの情緒不安定か、もしかして涙腺がバカなのかもしれませんねぇ( ¯•ω•¯ )
バカなのは腎臓だけでうおなかいっぱいよ~(*`н´*)

ベテランで穿刺ヘタな人はもう一生治らないと思います。
逆に新人で最初からうまい人もいるので、これはもう「感性」の問題かなーと思います。
「血管がわかる」ようになれ、って指導されるんだとか。

ま、本来透析って外科的治療ですもんね。
透析が始まったその昔は、透析医はほとんど外科医だったそうだし。


コメントありがとございました( ˆoˆ )/

2017/12/14 (Thu) 21:21 | REPLY |   

Post a comment