FC2ブログ
flower border

ダイアライザーが変わり、年も変わる( ∩ˇωˇ∩)

Category透析ピープル




ダイアライザー、
今日からまた「APS EA」に変わりました( •̀ω•́ )/


「また」っていうのは、11月半ばまでは、2012年2月からずーっと、このAPS EA だったからです。

最初は「APS 15 EA」だったのですが、少しは食べる努力をし始めたらリンやBUNが高くなってきて、
ちょうどその頃に来たばかりの技士長が、ちょっと大きい「APS 18 EA」を出してきたのです(^ω^)

て、QBも200だったのを250にしてくれました。

言ってみれば、技士長がそういう変更をしてくれたのがきっかけで、

「ふーん、データを見てQBも変更してくれるんだー」

という認識が生まれ、そこから自分にとって「良い透析」を考えるようになったんですよね(*´ω`)



NV-21X は合わなかったっぽい(´・ω・`)


11月半ばから、NV-21X に変更して、前回まで使ってました。

けど、カリウムの取れが…なんかよくない感じなんですよね(´-ω-)ウム


で、ダイアライザーを「前のAPSにいったん戻してみよー( ー`дー´)キリッ」
ってなって、今日の透析では「18」ではなく「21」をチョイスして試してみました。



で、今日のカリウム 、

透析前 5.3

透析後 3.6


今日、撮影するの忘れて、ざっとしか覚えてないんだけど、取れ率的には、結局前回とあまり変わらない感じなのですねーこれが。
(`ω´)ムーン


とりあえずドクターと話し合い、

「まだカリウムは落ち着いていないのだ( •̀ω•́ )」

ってことになり、しぱらくはダイアライザーはAPSでいくことにし、
透析後の値を考えると、カリメートは続行。




で、今日のカリウム値を受けて、まるにゃんドクターに聞いたんですよ。

「いつぞやのカリウムがまだ潜んでいるのでしょうか」

「じわじわと、そいつが細胞からしみだしてきてるのではないでしょうか」

「いや、どっかから突然うまれたりしてないのでしょうか」

「ただ単に、ちょっと『こじれて』、なかなか抜けない身体になっているのでしょうか」




NV のダイアライザーが体質に合わなかった可能性とともに、色々と質問しまくったのですが、


まるにゃんの質問攻撃にあきれたらしいドクターがいうには、

「そんなにすぐに色々決めつけて結論をだす必要はないでしょう」

「カリウムがじわじわ…まぁ、そういうことがないとは言わないけど、ま、カリウムは細胞と細胞外とで存在する割合が決まってるからねぇ」

((*゚ロ゚)ハッ!!そうだった←まるにゃんの心の声)

「しばらくこのダイアライザーで、あと、カリメートはやめず」

「しばらくそれで様子をみるしかないですね( ー`дー´)キリッ」



という結論に。





ところで今日のドクター、
なんだかまるにゃんの状況がすごく頭に入っていてビックリだったんですよ(´・ω・`)

「16日のあのカリウムのような値じゃないんだから、もう心配はしなくても…」

とか。
カルテも見ずに日付けまでスラスラいうからおののいちゃいましたよΣ(゚Д゚)


「うんうんわかりますよ、前はトマトジュースがぶがぶのんでも 透析後カリウム、3 あるかないかだったですからね」



え、

ノ)゚Д゚(ヽ ウソー

なんでそんなによく知って…( 'ω')エッ…


てか、トマトジュース、
飲むとこ見てたの?(¬_¬)

だってさすがにカルテに書かないよね、

「まるにゃま、トマトジュースがぶ飲み」とか。。




記憶ではまだ3回か4回しか会ってないドクターなんですけど(*'ω'*)......

ま、ちょっとびっくりはしましたけど、ドクターB以外にも、まるにゃんの病状をちゃんと把握してくれているドクターがいるんだーとわかって、
なんか嬉しかったです(*´ω`*)






ってことで、現状は、カリメート毎食後飲んでるのに透析前カリウム値が以前より高い、

そのうえ、透析後もえらく高い。


今日のドクターいわく、

「ま、これが普通の数値ですけどね」

「普通の患者さんの値ですよ」

ですって( •̀ω•́ )



「透析中にトマトジュースがぶ飲みしなくてもよくなったわけです」

ですって( •̀ω•́ )




まーそんなこんなの、いつも通りといえばいつも通りの、2017年最後の透析でした\( •̀ω•́ )/




うわー眠い!

眠すぎて笑う。゚(ノ∀`゚〇m)。・アッヒャヒャァーィ!!アンタオモロイワ!



ではでは!

【再会希望】'∀'o)ノ))またネ!



人工透析ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment