FC2ブログ
flower border

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるにゃん的【カリウム考】つづき( ΦωΦ )キリッ

Category透析ピープル



今日もムダにお元気、まるにゃんです|^・ω・)/ ハロー♪
(クリニックで注入し始めた「エルカルチンFF1000」がもはやすでに効果を出し始めたか(o・ω・o)?)







以前まるにゃんが「カリウム」について色々と、自分で人体実験したりなんだりしていたのを、ご存知の方々もいらっしゃると思うのですけども( •̀ω•́ )

「最近まるにゃんのやつ、カリウムカリウム言わなくなったにゃー( ΦωΦ )」

って思ってた人、います?





(ΦωΦ)フフフ…

実はですね、ひそかに「新たな実験」を、いままさにおこなっている真最中なのですよね|・ω・`)コッショリ

実はね、「カルニチン」、
今回クリニックで静注をしてもらうことになるまでは、
去年末からのかれこれ3ヶ月あまり、自分でサプリメントを購入して摂取していました( •̀ω•́ )キリッ

例の、高カリウム血症騒ぎがあって以降、むきになってめちゃくちゃ調べまして、
(それはもう、目を血走らせて寝る間も惜しんで調査に没頭しました( •̀ω•́ ))






でね、目を血走らせて調査した甲斐あって、ある「推論」を導きだすことができたのです。

それが、

「カルニチン欠乏症⇒空腹時高カリウム血症」の流れなのではないか?

ってことなのです。



「空腹時高カリウム血症(まるにゃん命名)」について、わかりやすいように、

参考までに、以前書いた
過去の記事から抜き出して以下にコピペしますね↓↓↓


………………………………………………………………

いやね、「空腹時高カリウム血症」と自分で勝手に名付けてますが、これはどういうことを言っているのかというと、

(※ 以下は個人的な想像の域を出ない推論です)


空腹時になぜ高カリウム血症になるか、ですけど、これを言ってもドクターにひたすら首を傾げられたのですけどね(ノω`)

まるにゃん専門家じゃないので、ざっくりと平たく言いますが、
結局こうなんじゃないかな?と思うのは、


「我々透析患者は、カロリーをエネルギーに変換する機能に欠陥がある場合がある」


のではないか。

そう考えてみたのです。
ま、本当にこれは妄想でしかないんですけど( ̄・ω・ ̄)


「何%かの透析患者は、なんらかの物質の欠損もしくは機能の不備により、カロリーをエネルギーに変換することがうまくいかない場合がある」


と前提した時に、

「食事を抜く」ことからどうなるかという話なんてすけど。
(あくまで上記前提に立った場合)



食事を抜く。

→脂肪やグリコーゲンなどをエネルギーとしてうまく使うことができず、しかし脳がどうしてもエネルギーをもとめるしくみから、普通はちょっと食事を抜いた程度では起こらないカタボリック(筋肉組織の分解)が起こる。

→カタボリックにより血管内(細胞外)に筋肉中のカリウムが流入。
(クラッシュ症候群と同様のことが起こる)

→高カリウム血症となる。


こういうことじゃないのかなーと、勝手に思っているわけです。

(※ 何度もしつこいですが、あくまで個人的な妄想です<(_ _*)>)



………………………………………………………………


上記の、朱色の文字の部分に注目してくださいね。

「何らかの物質の欠損または機能の不備」

この「何らかの物質」が「カルニチン」だとしたら……( ΦωΦ )




空腹時
⇒低血糖
⇒脳が必要とするエネルギーを糖から取れない
⇒やむなく脂肪をエネルギー変換しようとするが
脂肪運搬役となるカルニチン欠乏症のためにそれが困難
⇒カタボリック(筋肉こわし)状態
⇒クラッシュ症候群と同様の理由から細胞内から細胞外(血管内)へとカリウムが流れ出す
⇒空腹時高カリウム血症


という機序なのでは?



と、単なる空想ですが、まるにゃん的に「仮説」を立てることができましたので、

その「仮説」に基づいて、
ただいま「自分人体実験」をおこなっている真最中なのですょ、(((uдu*)ゥンゥン










まーアレですよ、(´-ω-)ウム


「(・⊿・)ケッ、シロートが。医者でもないくせにエラソーに」

っていう御批判は甘んじてお受けいたします(:D)┓ペコリンチョ


でもね、
勝手でしょο(`^´*)

自分の身体で実験しているだけなんだから。



まるにゃんの個人的仮説に基づく個人的人体実験であり、それを信じる信じない及びマネをするしないは読者の皆さまの自己責任でお願い致しますぅm(_ _)m







ってことで、まだまだ「こんな結果がでましたー(^(I)^)」っていうまでにはなっていないので、
今後もジミ~に実験を続けていきたいと思います。



あっ、でも経過的な状況として、

「空腹時の手のしびれ」(しびれは高カリウム血症の症状)は今ではほとんどなくなりました。

でもこれが果たして「カルニチン摂取」によってカルニチン欠乏症が改善し、それによって脂肪をエネルギー変換することが容易になったため……と結論するには、「データ」があまりに不足しておりますゆえ……(´-ω-`)


まるにゃん宅に電解質分析機はないですからねー(´-ω-`)
クリニックでやたら検査をお願いするのも気がひけますし。

もうね、「体感」しかないのですよね、結局。




「体感」


透析患者であるかぎり、この「体感」は何よりも大事にすべきと、まるにゃん確信しております( •̀ω•́ )キリッ

だからこそ、「データ」なしでの勝手な人体実験をやるのです。

医師が信じてくれないんですからね。
(空腹時高カリウム血症を)


あとは「体感」を研ぎ澄ませての個人的人体実験しかありませんよ。






てなわけで、また「つづき」は書きますので、興味のある方は楽しみにお待ちくださいね。







ではでは´ω`)ノ



人工透析ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

- 3 Comments

まえだです  

ええ、カリウムの事最近言わなくなったな〜と思っていたマエダです

まるにゃんさんの「勝手に実験工房」めっちゃうけるわ〜

確かにカルニチン欠乏説、わかるところはあります。だってカルニチンって「脂質の代謝」に重要な働きしてますからね、そうかも。


そして医者は往々にして自分の専門外の事は門外漢の事が多いので、栄養関係の作用順序および代謝システムについては知識の埒外な可能性はあるので先生が?マーク出してもそれほど気にする事はないかも(気にしてないと思うけど)
ちなみにウチのクリニックの医者も栄養関係に関しては結構マエダの質問に答えられないし、知らない事は答えない(それはいい事だと思いますけど)。なので結局は我々みたいに自分の身体で人体実験するしかないんですよね、「体感」頼りに。

でもって実は知ってると思うけどオレもよく勝手に実験やるのよ(笑)

最近だと「透析患者はカロリーを糖質から油へどれだけシフトできるか」ってやつが絶賛進行中。はじまりはもっと動物性タンパクがとりたいというのと精白された糖質を減らしたいというろころ。

モチロン医者に聞いても栄養士に聞いても答えは無い「やってみないとわかりません」

今、血液検査の結果と毎月照らし合わせながら実行中。ちょっと常識はずれな油の量だけど現在のところ特に変化は無く栄養士も「大丈夫なんですね(笑」って感じ。

わかりつつあることは「油は不飽和脂肪酸(オメガ3や9の油)だと大量に摂取しても血液データは増悪しない」ということ炭水化物減らすと以外と身体が軽い(いわゆる糖質制限か?)ということ。

気になるのは穀類を減らして油に置き換えた時、穀類に含まれる栄養素は不足しないのか?ということ。これはもう少しやってみないとわからない。もちろん栄養士も医者も「わかりません」とのこと。。。


まあそんな感じで楽しく頑張っていきましょう!


追伸:最近ここ、まえだとまるにゃんのお便りコーナーみたいになってきてない?(笑










でもわかる、オレもよくやる、個人的推理に基づいた自分自身による人体実験w



最近だと

2018/04/21 (Sat) 01:36 | REPLY |   

まえだです  

わ、下の2行、変な文がくっついてる。
下の2行は間違いです

2018/04/21 (Sat) 23:51 | REPLY |   

まるにゃ@ん  

マエダさま


こんちは´ω`)ノ

にゃるほどー( ΦωΦ )
いや、マエダさんがまるにゃん以上に常になにやら人体実験しているのは、読者ならみんなよく知ってるでしょ(*^艸^)クスクスw

ところで「カロリーとしての糖質を限りなく油にシフトしていく実験」は、ちょっと気になります。
なぜって、私のようなカルニチン欠乏症だと「油」をカロリー変換しづらいわけなので(たぶん)、私の場合は自殺行為になるのかも( ¯•ω•¯ )ってふと思いましたが……どうなんでしょうか?

逆の理論で考えたら、脂肪燃焼(カロリー変換)できるメカニズムをもつ人なら、脂肪はいくら摂取しても害はないっていう理論にも(極端だけれど)なるような。。


気になるのは穀類を減らして油に置き換えた時、穀類に含まれる栄養素は不足しないのか?ということ。これはもう少しやってみないとわからない。もちろん栄養士も医者も「わかりません」とのこと。。。

( ¯•ω•¯ )
白米(ごはん)って、結局はほぼ炭水化物(カロリー)だし、米に含まれるタンパクやビタミンやミネラルや食物繊維が他で確実に補充できていれば、一生白米抜きでも「害はない」と、私は思いますけど|・ω・`)

マエダさんの食生活なら「不足」はないのでは?

けど、もしまだよくわかっていない「米のすごい栄養素」があるとしたら、米抜き生活になんらかの支障はでるのかもしれないですけど(ΦдΦ)

私でいうと、昔は白米なんていっさい食べない暮らしをしていたけれど、とくにどうってことはなかったですけどね(*´ω`*)
透析になってからも、今でも白米はそんなに食べないし。

これからも実験つづけてください( •̀ω•́ )キリッ

コメントありがとうございました🐼

2018/04/22 (Sun) 16:26 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。