FC2ブログ
flower border

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月の定期血液検査データ( ¯•ω•¯ )【PTHとアルブミンだけ上がってますけど……(*-ω-)】

Category検査データ
さて、定期血液検査の報告書、火曜日にいただきました。
コレです↓








ま、前回カルテから激写したやつ(内容は同じ)を載っけてますけど、カルテのものよりこちらのほうが見やすいですし。
とりあえず載っけました。


以下、火曜日の回診時のドクターBとのやりとり。



「まるにゃんさん、調子はいかがですか」

「調子はいいんですけど……なんかまるで食べてないかのようなデータが出てびっくりです」

「食べてます?」

「食べてます(* • ̀ω•´)キリッ」

「うーん。ま、それなら問題ないんじゃないですか? 今回の数値だと、ほぼすべてがガイドラインの範囲内にハマってますしね












「( ¯•ω•¯ )……それはそうでしょうね」

「ん? 何が気になります?」

「今までどおりに食べてるのに今回のデータが低すぎて……おかしいと思うんです」










「うー。……アルブミン、、ですか?」

「いや、アルブミンは先月いきなり下がってたのが今月また元に戻りました」

「じゃ、何が気になります?」

「たとえばBUNです。いつもの半分しかないです、食べるタンパク質の量を減らしてないのに」



ドクターB、おもむろに注意深く検査報告書に目を走らせる。

「たしかに。かなり低いですけど……」

「先生、もしかして運動は関係しますか?」

「ん?」

「運動、スクワットとかの筋トレを何ヶ月か前からやってるんですけど、それって何かの理由で血液のデータに関係してきますかねー( ¯•ω•¯ )?」

「え、運動?」

「( ¯•ω•¯ )」

「スクワットしてるんですか?」

「してます、けっこうハードに( ー`дー´)キリッ」

「へえーそうですか」






(なんだよーそのあまりに意外そうな顔はっ)








会話がダラダラするので以降のやりとりをまとめますと、

まるにゃんがスクワットやっている話から、ドクターBが、いわゆる「透析中のエルゴメータ」みたいな話を出してきたので、
まるにゃん自分で工夫して透析中に「片足ずつプルプルするまで上げ下げ」とかやっている話をしました。
(最近では足首にオモリを巻いて負荷をかけております( ー`дー´)キリッ)

うちの透析室にはエルゴメータなんてないですからね。
もう2年以上栄養士すらいないんだから理学療法士を雇うような考えなんかもないでしょうしねー(*-ω-)



(((uдu*)ウンウン








「透析中にエルゴメータ漕いだら毒素がさらに抜けるとかね、やってるとこありますけどね」

「エルゴメータなんかなければないで、自分の足だけで筋トレはできますよ、うん(((uдu*)」

「えっ、やってるんですか」

「やってます( ー`дー´)キリッ、……こんなふうにして……」
(やってみせた)

「なるほどー。でもあんまりやりすぎて負荷かけないようにしてくださいよ」

(負荷? 心臓に……ってことか( ▔•з•▔ ))






ドクターB、ここでなぜか技師長とエルゴメータがどうとか楽しそうにしゃべりだす。


で、まるにゃんおもむろに切り出しました。

「先生、だからもしかしてBUNが低く出たの、こういうののせいじゃないですかね?」

「ん?」

「だから、筋トレが過ぎたのかなーと」

「うん。あるかもしれませんね」
「だからよく引けてきたのかもしれないですね」













つまりドクターBの見解は、
透析中の筋トレだけでも毒素はよく抜けるらしい(あくまで『らしい』)が、ふだんから筋トレしていることも「抜け」を加速させているのかも(あくまで『かも』)……ということでした。

結論、まるにゃんの「BUNがいつもの半分しかない」は、「透析でよく抜けている」んだという話になったわけですね。

じっさい食事内容は先月と変わらないんですから、その結論が妥当っちゃ妥当ですよね、(o・ω・))-ω-))うん














ですがそこはまるにゃん、
それで「納得」はできないので、帰宅してさらに掘り下げたよ( ▔•з•▔ )ナンヤテ!








(* • ̀ω•´)キリッ



「BUNが半減した問題」ね。

やっぱあれですね、ドクターBも言っていたように、やっぱり筋トレが関係しているとまるにゃんもそう思います。

透析中にやっているものだけでなく、ふだんからやっているのも影響しているんだと思います。



結局ね、過去が「運動しなさすぎ」の「筋肉なさすぎ」だったので、いきなりの筋トレの効果が倍増してしまっている、っていう現象なのではないかと、まるにゃん思うんですよね。




つまりさー、

肉体改造レベルな?










うん、そんなレベルになってるんじゃないかと疑っております。



でもですね、「よく抜けた」だけじゃなんか納得いきません。
ドクターBはつまり「運動によって抜けがよい身体メカニズムになった」ということを言っていたのであって、
けどそれだけで「BUN半減(70が30に)」を説明できます?












「BUN半減」の原因についてのまるにゃんのもうひとつの仮説はですね。
ドクターBの見解の「運動によって、毒素がよく抜ける身体になった」にプラスして、以下のような理由があるのではないかにゃー( ▔•з•▔ )

と思うのです。




















笑わないでくださいよ( ¯•ω•¯ )?























絶対に笑わないでくださいね(* • ̀ω•´)?



























つまりね、





まるにゃんのこの数カ月の並々ならぬ努力のたまものとして、





筋肉が増え、






よって毒素をためこむための場所が増えたのです。

だからそれまでのBUN値平均70 が、
先月は50、
そして今月は30と、



徐々に減ってきたのです。












もちろんね、カリウムだってリンだって、筋肉中に潜むことができますから。

だからBUNだけでなくカリウムもリンも一律、血漿内から減ったのでは?








って思ってるんですけど、どうでしょうね。
仮説は仮説ですから、真相はハッキリしませんけども。

とりあえずまるにゃん、「筋トレで毒素の抜けがよい身体になった」&「筋肉が増えて血漿内毒素が減った」のダブル効果に見舞われての、今月の血液検査データなのかなーと、


まー勝手にそう捉えることにします(* • ̀ω•´)キリッ




※記事内容はすべて個人の妄想的見解の疑いが濃厚ですので、記事を勝手に信じて筋トレ始めたが毒素減らないとかの苦情には対応できませんからねー(あしからず)( ¯•ω•¯ )












ってことで、筋トレもストレッチも今後も淡々と続けて、食事も変わらずしっかり摂りたいと思います( ー`дー´)キリッ







ただね、

なんだかわからないけど、どうやら交感神経が興奮するような「ストレス」がかかっているようなので、

それだけは原因に心当たりがなくて……困っちゃうんですけど(´・ω・`Ⅲ)

心当たりがないので「ストレスの原因を取り去る」とかできませんし。


(※ストレスが原因で交感神経大暴走となり、高血圧&頭から汗がどひゃー!になっている可能性大なのです( ¯•ω•¯ ))←これについてはまた別記事に書きます。













まーべつに、汗はシャワーすれば済むのでそんなに困らないんですけど、
高血圧が……( ¯•ω•¯ )

200とか、あんまり続くと危険ですからね。

血圧だけはなんとかしたいですよねー、(´-ω-)ウム







ってことで、目下の改善目標としては「高血圧をどうにかしよう」になりますね。

( ̄^ ̄)がんばります!












ではでは。


人工透析ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

- 4 Comments

まえだです  

うんうん、今日も面白いですw

その運動して筋肉が増えBUNが下がったっていう説、おもしろいですよね。
クレアチニンは上がってるんだから筋肉がついてるのは確かだしBセンセイの言う事の裏付けでもあるような。

マエダも以前「筋肉は毒素や水分を貯留する」っていう記事書いた事があるけど臨床的裏付け?

あと透析中の運動は血流量がアップするのでそれに伴い毒素やらなんやらつまり透析効率は上がるらしいですね。マエダも「立って透析」と「座って透析」の時じゃ静脈圧が50くらい変わりますから、立ってる時のほうが筋肉使ってるんで血流量が増えるんでしょうね。


でね、マエダもその件については思い当たるフシがあるんです、マエダは体重60kで摂取タンパク100g越え(それも動物性多数)。それって透析患者に推奨されてるタンパクの量を大幅にオーバーしてるにもかかわらず毎回BUNの値は「ぜんぜんまだいけるぜ〜」みたいな数字なんですよ。


若干その事について疑問というか「まだいけるのか?」という感じでもやもや(笑)してたのでなんかちょっとすっきり。

2018/06/13 (Wed) 22:02 | REPLY |   

透析患者  

BUNが30台、まるで在宅透析の人のようですね。
まるにゃんさんの考えていること、私もあり得るんじゃないかと思っています。筋肉細胞は電気部品でいうところのコンデンサーみたいなもので毒素をため込めるみたいですね。透析中の下肢の運動も下肢の血流を良くして毒素の抜けを良くする。(下肢には筋肉の大部分があり、安静にしていると下肢の血流はあまりよくないとも聞いています。)私の主治医の口癖は、透析患者は貯筋しなさいです。骨のためにも良いそうですよ。骨を守る鎧になるそうです。
これからもまるにゃんさんのブログを楽しみにしています。

2018/06/14 (Thu) 11:09 | REPLY |   

まるにゃ@ん  

まえだ さま

こんばんは|・ω・`)フムフム

今日の透析中に、実は「ベッドに座って足を垂らす」姿勢をとって軽く筋トレしてみました。

寝ている時より静脈圧が30くらい上がりました。

立ってみようとも思ったんですけど、座っていただけで、後ろ姿を見たスタッフに「何たそがれてるんですか」と聞かれ、さらに目ざといスタッフが何人も集まってきたので……(ノ∀`)
立つのはやめておきました(笑)

「血流」確実に増えますね、筋肉を使う
と。

私の場合、今回の取り組みは生まれて初めての「筋トレ」なのもあり、
つまり50年もなまけていた(体育の授業などまともに受けたことなしの、うまれついての虚弱体質でした)筋肉をこの年になって初めて鍛えているわけなんですけど、だから細胞の活性化がかなり遅かったのかなーと。

この先もまだまだ「なにか」が起こりそうな気がするので、「食生活と運動量を変えない」を軸にして検証を続けてみますね。

今回、リンが下がっている(3.5)のにPTHが前回の倍(100→200)になっているのがすごく不可解なのですが、この原因のわからないPTHの上昇もじつは要チェックだと思ってます(* • ̀ω•´)キリッ

自分実験、忙しいですねー( ΦωΦ )

コメントありがとうございました(*・ω・)*_ _)ペコリ

2018/06/14 (Thu) 18:41 | REPLY |   

まるにゃ@ん  

透析患者 さま

こんばんは(^-^)/

筋肉細胞はコンデンサーですか( ΦωΦ )
そのたとえ、すごくしっくりきます。

私の妄想(?)が妄想ではないかもしれないと言っていただけて本当にうれしいです。
勇気100倍です∠( ˙-˙ )/

中2日の透析前のBUN32ですから、中1日だとどのくらい低いのか……ふと気になりました|・ω・`)

「貯筋」✧ \(°∀°)// ✧
今度クリニックのスタッフにこの言葉教えてみます。
「貯筋をしましょう(* • ̀ω•´)キリッ」ってスタッフから患者さんに言わせたいです(笑)

あと「 骨」
副甲状腺機能亢進症があるので、骨はいつも気になっています。
骨をまもる鎧、筋肉をもっと増やしてもっと頑丈にしたいです( • ̀ω•́ )✧
(さらに闘志が湧いてきたーヽ(•̀ω•́ )ゝ)


私が書くものは、色々な意味でムラがあって……楽しみにしていただける方々に、時々本当に申し訳ないことがあります(*-ω-)

でも今回のように言っていただけるとすごく励みになります。

ありがとうございました(*・ω・)*_ _)ペコリ


2018/06/14 (Thu) 19:05 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。