FC2ブログ
flower border

「患者管理がずさん」だけど悪意があったわけじゃない【技師長ひらあやまり_○/|_ 土下座】&オマケで【塩分制限の秘訣】

Category透析ピープル



ひとこと口を開くたびに頭から滝のような汗を垂れ流すまるにゃんに気を取られ、商談が一向に進められない41歳おとなしめキャリアウーマンが気の毒になりまして、

ぇぇ、「なんかヤケに湿気るし、また次回にしましょうか」と大人なアドバイスをして早々に面談を打ち切って帰宅しました、(○・∀・)ノ マイド!!まるにゃんです|^・ω・)/ ハロー♪








いやー、頭部多汗症だかなんだか、もう身体を動かさなくても、しゃべるだけで滝の汗がふき出てくるようになりました( ΦωΦ )

なんでしょうね、もう仕事にまで被害が及ぶとか、信じられないんですけど( ´・ω・` )


しかもねぇ、小指に輪ゴムを仕込んでおかないと「水分を摂るのを忘れる」という……、透析患者としてはかなり不可解だし問題ありな状況が定着しつつあります。

ま、最近、塩分摂取がまたさらに少なくなったからもあるでしょうけども(*-ω-)ゥン








塩分に関してはですね、いつか書こう書こうと思いながら、今まで書いたこと(たぶん)ないですけど、
たとえば食事の際の「主食をなしにするだけで塩分摂取は『そうとう』控えられる」んですよ。

やってみたら実感すると思いますけども、まるにゃんなんかはもともと白米はほとんど食べないので、「ステーキと野菜サラダ」のみの食事とか、カレーを作っても「ルゥだけ食べる」とかがもうむかしから普通になっています。

塩分制限(=飲水制限)がままならずに困っている人は、試しに1度でいいので、ふだんの食事メニューから意図的に主食(白米など)を抜いてみてください。


「味が濃くて食べ続けられない」

っていう経験をおそらくすると思います。






結局、私たち日本人が諸外国の人々に比べて塩分摂取量が多いのは、「白米」を主食にしているから、があるとまるにゃん思います。

白米と一緒に食べるのに「ちょうどよい」味付けで副菜が作られているのですよ、おかずだけを食べるスタイルがない日本の標準的な食事メニューでは。


おかずだけ食べると、たいていの人は「ご飯がほしくなる」ものですが、
それってつまりは、おかずの味が濃いのを「味付けしてない白米で誤魔化している」って言うこともできるんですよね。


もし主食(白米)を抜く(もしくは減らす)食習慣が身に付けば、ひいてはそれが他ならぬ「塩分制限」になります。

だって白米で誤魔化されていた「味の濃いおかず」の味付けを、否応なしに薄くするようになりますからね( ΦωΦ )


ま、白米ぬきはムリ(* • ̀ω•´)キリッ、っていう人なら、別に抜かなくてもいいので「おかずだけ先に食べる」そして「白米はあとで食べる」のようなやり方でもいいと思いますけどね。

(したことないけど( ¯•ω•¯ )なんかかえって難しそうですけど……)


まぁカロリーの問題もあるので、一概に「白米ぬき」は推奨しませんけど、「別々に食べる」にすれば、カロリー不足は心配いりませんからね。






とにかく、白米に合うおかずはたいていは「塩分過多」だということです。

そのことに気づくだけでも、塩分制限は多少でもしやすくなるのでは? と思いますよ(*-ω-)ゥン










マエダさんがやってる「糖質制限」とはまた意味合いは違いますけどもね、でもまるにゃんもやっていることは結局同じです( ¯•ω•¯ )

「塩分制限したければ糖質をコントロールせよ」

ってことも言えるかもしれませんね。









ところで、






うん。
昨日、土曜日。
まるにゃんが透析室に入り、まだベッドメイキングを始めるか始めないかでもう技師長がすっ飛んできました。

…………

前回の記事参照

…………



ただね、なんかトンチンカンなのです。
技士のMくんは「ちゃんと」技師長に伝えてないな、とまるにゃんすぐに思いました。

「まるにゃんさん、なんか、あのー、オンラインのことで話があるとか……?」

……って感じでなんかハテナ顔で振ってきたので、

「うん? 私からべつに話はないよ?」とまるにゃん言いました。
(ちょっと嫌味な感じだったと思うけど( ΦωΦ ))




だってね、木曜日に看護師のTさんがMくんに伝えたのは、
「悪気があるなし関係なく、オンライン希望していたまるにゃんを無視した状況になってしまったことについてまるにゃんにちゃんと説明しろ」

ってことですからね。

まるにゃんからは技師長にべつに話はないですよ、( ¯•ω•¯ )うん










ま、まるにゃん木曜日の時点でこう思っておりました。

今回はMくんはじめ、 「まるにゃんはオンラインHDF希望してますので、枠が余ればまわしてほしい」っていうことを伝えてあった約3名のスタッフが、たぶんだれもそのことを技師長に伝えてないな、と。

けどそれ、仕方ないんですよ。
まるにゃんも、そんなに強く希望していたわけじゃないので(てか、ほとんど期待していなかったので)、話のついでで本当に「軽く」しか言わなかったのです。
だから聞いた方も「軽く」しか受け取っていなかったでしょう。

ただ、Mくんはちょっと例外で、彼からHDFは興味あるかと聞いてきて、まるにゃんが『もちろん興味ある。だから次また入った時は希望してるからよろしく』と答えた、というのがあります( ΦωΦ )

(だからTさんがMくんに腹を立てた)



けどMくんにしても、ほかのふたりにしても、今回の件ではまったく罪はないです。

まるにゃんが本当に「お願い」するのであれば、スタッフじゃなく技師長に直接言ってますよ、そりゃ。
それをしてないんですからね、スタッフを責めるのは筋違いというものですよ。







だってね、まるにゃんにしたら、うちのクリニックでは数少ないHDFですからね、当然HDでは期待できないものをHDFに求めたい症状のある患者をクリニックは選ぶんだろうと思い込んでますからね。
(少なくとも、去年初めて6台入れた際には症状のある患者を選んでいたし)

なのでね、また今回も6台ぽっちだし((○`З´○)-зケチンボ)、アミロイドとかムズムズだとか透析困難症(ひどい低血圧や心疾患などで)だとかのある患者が優先されると思い、本当にほとんど期待なんかしていなかったですから。

「もし余ったらまわしてね」という言い方をしたのは、ほとんど期待していないけれど「これを言っておけば【優先患者】の次はもうまるにゃんの番だよねっ」みたいなね、まぁ控えめながら姑息な手回しというか、つまりスケベ根性からなんですけどね( ΦωΦ )

そんなわけで、まるにゃんが希望していることを技師長に伝えなかったからと、Mくんやほかのふたりを責める気は毛頭ありません。








てことで、技師長はまるにゃんの希望を知らなかったわけなので、彼がまるにゃんを無視してないがしろにしたりバカにしたりしたということでもぜんぜんないのです。

しかもね、1年ちょっと前に技師長はまるにゃんに1度オンラインHDFを勧めてくれたのですが、その時はまるにゃん「遠慮」が邪魔をして、そのままHDFを受け続けるのは気持ちがひっかかりましたので「他の人にまわして」と断った経緯もあります。

だってたった6台だったんだもの。




技師長はそれを覚えているだろうし、けどまるにゃんがまさか「遠慮」から断ったとは知らないでしょうから、今回の看護師TさんがMくんに話した件では「え、今さらHDF希望? 」ってなるのだろうなーと、

ま、そんなふうに、既に木曜日の時点で想定しておりました。








案の定、去年断った話を技師長が出してきたので、「でもそれ、1年以上前の話だからね」とまるにゃん言いました。
そしてお断りした理由が「遠慮」からだったことも伝えました。

技師長、複雑な顔してましたが……( ¯•ω•¯ )





「あとね、去年みたいに患者をちゃんと選んでくれてるんなら何の文句もないし、文句言う権利すらないし」

「うん。。一応選んでるんやけど……」

「えっ( ¯•ω•¯ ) 選んでたら絶対ベッド移動があるでしょう。それがいっさいないから私もね……」

「いや……うーん( ̄▽ ̄;)」






ここで技師長、頭をかきながらいきなり去る。









まるにゃんの穿刺が終わったころ、技師長が再び現れ、なぜかもうひたすら「まるにゃんさんごめん!」と言いながら頭を下げるのでした。


Mくんがやっと正直に話したな、とまるにゃん思いました。
(つまり、Mくんは自分からまるにゃんにHDFは興味あるかなどと振ってきて、まるにゃんは『興味あるから次に入ったらよろしく』とまで言ってるしね)


まーだからと言ってMくんを責める気はないですけどね、さっきも書いたように。










技師長がまるにゃんのベッドテーブルの上に手をついて何度も謝る姿が、なんだかでっかいカピバラのように見え始め、まるにゃん笑いをこらえながら、

「もういいよ」

と(何度も)言わなくてはなりませんでした。










結局ね、技師長が謝っていたのは「追加のHDFを使う患者を症状などで選ばずにスタッフ側の都合だけで決めたこと」でしょうね。

まるにゃんはMくんたちスタッフを悪くも思っていないし、ましてや技師長も、「まるにゃんが今回も雄ライオン……じゃなかった、オンラインHDFをゲットできなかったこと」に関しては責任ないんですからね。
だってまるにゃんがHDF希望だと知らなかったんだから。


あんなにしつこく謝っていたのは、結局は「患者を十把一絡げにしたことをまるにゃんが怒っていたから」でしょう。



まるにゃんはそう受け止めましたヽ(`•ω•´*)ゝキリッ











ってことで、技師長が、まるにゃんたち患者をひと山いくらのピーマン扱いしたことを反省しているのがわかり、いちおうまるにゃんも溜飲が下がりましたので、









ですかね、(*´艸`)*´艸`)*´艸`)ウンウン





ていうかさ、HDFしたらまるにゃんのアルブミンがまた下がるんじゃないかとか、そんなことを技師長は心配してくれていましたけども、

まるにゃんそれについては「不安」より「勝算」が高いと予想しているんですよね。

まるにゃんが思うに、まるにゃんの場合この1年どんなにタンパク質を食べてもアルブミン3.7以上にならないのって、おそらく「まだ邪魔をしている分子量の大きい毒素がある」からだと踏んでいます|ДΦ)ジロリンチョ

おそらくは「炎症性」のね。



だからHDFで低分子や中分子毒素(アルブミンに結合した尿毒素も含め)を除去することによって、「わけわからん炎症」が改善なるかもしれず、
そしたらアルブミンがしっかり生き残れるような免疫力の強い体質になれるかもしれず、









ま、まるにゃんの勝手な妄想ですけどね。



まぁそんなふうに妄想したりもしているので、実験の意味でもオンラインHDFはやっぱりしてみたいのです。





技師長、
「ホントはもう全部オンラインにしたいんだけど」って言ってました。

「ぜんぶ入れ替えしたらいいのに」とまるにゃん言いましたら、

「うーん、お金が……」


( ¯•ω•¯ )




なんだか呆れたので、

「医療機器ってまず投資してから後々元を取るものでしょ。それに一括購入の方が割引がきくでしょうに( ¯•ω•¯ )」

と冷たく言い放ってしまいました。

技師長、いつものように冷や汗を飛ばしながら脱兎の勢いで消え去りました。





腹が立つけど憎めないカピバラ……じゃなかった、技師長ですが、

まー怠け病&子供がえり&色ボケのワガママ院長の領分の仕事までやらされてて気の毒なところもあります。


ま、今回、「悪者」は出なかったので、だれも必要以上に後味悪い思いをしなくて済んだのはよかったにゃーと思います(*´艸`)*´艸`)*´艸`)ウンウン


そんな土曜日でした(チャンチャン)







ところで、






木曜日の増えが600g、土曜日はちょうど1kg。

木曜日も土曜日もドライウェイトから200g引き込みましたが血圧はまだまだ高いまま。





━━━( ̄^ ̄)うーん




1年かけて5kgほど太ったのに、もしかしてそれがこの夏で一気にチャラになってしまいそうな予感……( ΦωΦ )


(とにかく頭からの汗が止まらないとね……|ДΦ))








ま、汗がウザったい以外体調は絶好調なので、とりあえずはひたすらマイペースを貫きましょうぞヽ(`•ω•´*)ゝ









ではまた。



人工透析ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

7 Comments

まえだです  

>日本人が諸外国の人々に比べて塩分摂取量が多いのは、「白米」を主食にしているから

これはまさにそう、栄養学の世界ではよく言われてますよね。

「実は日本人は、塩分の7割を食塩そのものではなく、調味料を含めた加工食品などからとっている」(クローズアップ現代より)

これなんかおかずの味付け自体が濃い事の証拠みたいなもんですよ。

そんなわけで自分も確かに白米をやめてから味付け薄くなりました、実は塩分に関しては自分あまり問題としてなかったんですけど嬉しい副次効果かな。

あと白米をやめて自然に薄味になったら肉や副菜の味がよくわかるようになった。焼いた肉にぱらりと塩こしょうするだけ、ダイレクトに肉の旨みが味わえる。
ステーキなんかも店で食べるとたいてい「ステーキソース」がついてくるがあれも白米を食べるために日本は独自進化しててめっちゃ塩分の多い系のソースが多い。海外のステーキソースは大体焼いた時の肉汁を使って作るグレービーソースだがこれは基本は塩分追加ではなく旨み追加の性格が強い。

そして同じ肉でも日本の食事の友、肉じゃがや牛丼の牛皿なんか醤油の味しかしないもんね。


あれですかね、透析食も突き詰めていけば似たような方向性になるって事ですかね。
しかしこうやって楽しく真面目に人体実験しながら食事からなにから自分の仮説を元に試行錯誤し検証してるのって界隈では自分とまるにゃんさんしかいないのがなんとも不思議というか奇妙というか、みんなそういうの興味ないのかね?

まあ別にいいんですけど(笑

2018/06/18 (Mon) 01:43 | REPLY |   

まるにゃ@ん  

まえだ さま

こんにちは( ・∀・)ノ

煮物なんかはもう5年くらいは食べていませんね( ΦωΦ )
醤油と砂糖がこってり……|ДΦ)

野菜を調理するなら断然ソテーです。
ガーリックオイル(オリーブ・オイルとつぶしたニンニクで作る自家製)とちょっとの塩と胡椒だけで調理は済ませて、食べる時にレモンをかけるくらいでしょうか。
生野菜のサラダもいつもだいたいレモンだけですね。
(少し醤油を垂らすとポン酢ぽくなる)

生野菜だと、レモンをふりかけた後、軽く擂った黒ゴマを大さじ1ほどさらにふりかけてから全体を混ぜると、レモンすらほんの少量で済みます。
(ゴマがレモンを吸い、そのレモン風味のゴマが、混ぜることによってサラダ全体にまんべんなく行き渡る→少量のレモンでも満足できる味になるし、皿の底に不必要な大量のレモンが残ったりしない)

黒ゴマ便利です。
ちょいスリしたらうまくレモンを吸って野菜にからむし、香りがいいし、ポリフェノール摂れるし。

お肉も大抵ガーリックオイルだけで焼いて、塩レモン(塩と胡椒とレモン)をつけるか、粒マスタードか。

もう変な味付けはしたくないですね。
今の、調味料最小限の食生活が過去最大気に入ってます✧ \(°∀°)// ✧

たまに外食すると、肉料理が塩っぱくてびっくりすることがあるので、もうかなりの薄味に慣れちゃってるんでしょうね。


>あれですかね、透析食も突き詰めていけば似たような方向性になるって事ですかね。

どうですかねー。
で、糖質制限をさらに突き詰めると、もしかして「週1のファスティングによりミトコンドリアへの刺激を奨励する」とかなったりして(笑)


「カロリーは糖質と油脂でとれ」はやっぱり極端すぎておかしいと思いますし、
(ま、今はそこまで極端な指導はないとおもいますけど)

それにプラス「BMI22以上(25くらいまでOK)」とかなると、
どう考えても「おいしい霜降り肉メタボ早死にコースのすすめ」でしかない気が……( ¯•ω•¯ )

うちら神戸牛じゃないんですからねぇ(⁎-௰-⁎))

少なくとも私が知っている25年以上の長期透析患者さんは、ほとんど「痩せ気味」で「筋肉質」なんですけどね。
(これ如何に( ΦωΦ ))

だから透析患者は太っちょさんの方が長生きというのは、単に理論上の理想にすぎないのではないのかと、
やっぱりちょっと疑ってしまいます。


>しかしこうやって楽しく真面目に人体実験しながら食事からなにから自分の仮説を元に試行錯誤し検証してるのって界隈では自分とまるにゃんさんしかいないのがなんとも不思議というか奇妙というか、みんなそういうの興味ないのかね?


どうなんでしょうね。
私は私以外の人間になったことないし、わかりません。
(アタリマエ^^)

たとえば高名な透析医療者さんたちが何かを研究発表されれば、その情報をいち早くゲトしたい、というような方々はけっこう多い気がします。
ネットに入ってきている人々はみんなそうでしょうね。

「知識」として持ちたいんでしょうね。
だから透析についての知識欲は十分すぎるほどある。

かと言って、そういうアンテナ張ってる目ざとい方々は、別に「透析が趣味」ではないんだということですよ。
(おそらく)
マエダさんは(私も)透析はもう趣味ですよね( ¯•ω•¯ )?

趣味でもないと、やたらはりきって自分人体実験とか、楽しんでやれるはずないじゃないですか。

趣味だから勉強(ネット漁りとかドクターとの小難しいやりとりとか)が苦にならないんだと思います。

「趣味」が言い方わるければ、我ら「透析研究家」って感じでしょうか。



ま、元々「気になることはとことん突き詰めたい」っていうような、「学者気質」はあるんでしょうね。

仕方ないですね、気質だから(* • ̀ω•´)キリッ

……ということで、ドッペルゲンガー同士、これからもよろしくお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ

コメントありがとうございました🍉

2018/06/18 (Mon) 16:48 | REPLY |   

九州のおじさん  

お返事ありがとうございました。
今日も透析中に楽しく読ませてもらいましたよ。
まるにゃんさんは、文章を書くのが上手ですね、
物凄く情景が伝わってきましたよ。
私は受身の透析で、まるにゃんさんの行動力に
私も、もう少し前向きに透析に取り組んでい行きたい
思ってますよ。
これからも、あまり無理しないで(笑)
お互いに透析ライフを過ごしましょうね。

2018/06/18 (Mon) 19:09 | REPLY |   

透析患者  

まるにゃんさんのコメントの長期透析患者の人は痩せ気味または小柄な方が多いように思いますが、それは透析量の問題ではないかと思っています。週3回4時間の透析で透析量を確保できるのは、DW50kg未満の患者だと聞いています。しかし現状はDW100㎏の人もDW50kgの人も何も言わなければダイアライザーの大きさが違うくらいで透析条件はあまり変わりませんよね。BMIの件はわかりませんが、体格の違いで透析条件の変更がもう少し柔軟にあればよいのではと思います。

2018/06/21 (Thu) 10:54 | REPLY |   

まるにゃ@ん  

九州のおじさん さま

コメントに今まで気が付きませんでした。
ごめんなさい(*- -)(*_ _)ペコリ

文章内に会話を入れると、なんとなく臨場感が出ますよね(*´ω`*)
褒めていただくような文章力はありませんが、「ありのまま」を書いていくことを今後も続けたいと思います。

夏バテしないで夏を乗り切りたいですね。

コメントありがとうございました🍉

2018/06/22 (Fri) 13:53 | REPLY |   

まるにゃ@ん  

透析患者 さま


こんにちは∠( ̄◇ ̄)

>週3回4時間の透析で透析量を確保できるのは、DW50kg未満の患者だと聞いています。

そのとおりでしょうね。

>しかし現状はDW100㎏の人もDW50kgの人も何も言わなければダイアライザーの大きさが違うくらいで透析条件はあまり変わりませんよね。

私のベッドから見渡せる範囲内でも、明らかに80kgとか100kg近くあるような体格の人が、 私と同じダイアライザー(2.1㎡)で、私より1時間少ない4時間透析をしています。

ほとんどの50kg以上の人が、クリニックがどんなに勧めても「4時間以上はいやだ」と言って断固拒否しているのです。
なぜ透析時間延長を勧めるかをちゃんとわかりやすいように説明しないクリニック側にも問題はあるんですけど。


>BMIの件はわかりませんが、体格の違いで透析条件の変更がもう少し柔軟にあればよいのではと思います。

私もそう思いますが、それは厚労省レベルで「決定」しないと無理なんでしょうね。
患者の体重ごとに透析量を変えるなんて、そんな細かいテーラーメイドな治療を自発的にやろうと考える医師が、そもそもほぼ皆無ですし。
(そんな医師がいても患者が拒否しますし)

私が最近考えさせられているのが、「透析患者が強くなりすぎた場合」の弊害です。

うちの透析室では患者の横暴が目立ちます。
いわゆるヒステリーから大声で怒鳴りまくるモンスター患者……というのではなく、
おとなしいがもっとタチの悪い、
「患者はVIP」と勘違いしていて、医者やスタッフの言うことをきかないどころか、開き直りしている患者がけっこういます。

エアコンをつけろとか止めろとか、自分本位なことを毎回言うとかから始まり、もっともひどい人になると、
「俺は節制はいっさいやらん。好きなものを好きなだけ食べるし、好きなだけ飲む。自分の寿命だから他人にとやかく言われる筋合いはない。おまえらは透析するのが仕事なんだから黙って透析だけしろ」

というような態度を最初からずっと貫いている恐ろしい患者もいます。

変な皮膚病になり、いまは隔離室で透析してるんですけどね。
(免疫力が下がっていると感染することがあるそうで( ΦωΦ ))


とにかくうちのスタッフは横暴な患者をなだめ透かしながら、困り果てながら、日々透析医療に従事している、基本的にかなり優しい人たちなんですよね。

よく医療者が横暴なクリニックの話題は出てますけど、うちは患者が横暴です。
VIP気取りと言いますか……。
(もちろん全員ではありませんが)

少なくとも筋の通ったことしか言わない私は、VIP気取りなワガママ患者たちに比べると、赤ん坊みたいなものでしょう。

そんな患者が多いので、4時間から5時間に延長を勧めても、
「5時間? アカンアカン」
「4時間でもしんどいのに、そんなもんできるか!」
みたいな状況のようです。

患者が強くなりすぎた弊害だと思いました。

最近は患者のQOLよりスタッフのQOLが心配になります。

話が少し逸れましたが、体格だけでなく患者の状態に合わせたテーラーメイド透析ができれば、それがいちばんですよね。
なかなかそうはいかないんですけど……( ´・ω・` )


コメントありがとうございました🐼




2018/06/22 (Fri) 14:37 | REPLY |   

九州のおじさん  

まるにゃ@ん さんへ
お返事ありがとうございます。
血液が高いのが心配ですね。
私は透析始めて2年経ちましたが、今年になって150台で
降圧剤を処方されました。結構DWを下げていって、
足がつりそうだったので、これ以上DWを下げるのを
やめてもらいました。透析前後で140台の血圧なので、
またDWを下げてもいい感じですけど…
本当に血圧は難しいですね。
まるにゃ@ん さんも、早く血圧が下がって安定するように、
祈ってますよ。
これからも暑さが続きますので、くれぐれもご自愛ください。
また楽しくブログ読ませてもらいますね。

2018/06/22 (Fri) 19:10 | REPLY |   

Post a comment