FC2ブログ
flower border

【産まれた\( *°ω°* )/】ビフォー&アフターがすごい

Categoryねこ
(9/23 出産4日前)



↓↓↓

(9/27 出産直後)







今朝のことですが……と言っても午前10時頃なんですけど……いつもの、透析のクリニックが入っているマンションの駐車場でいつものようにみーちゃんを呼んでもぜんぜんあらわれない。
しばらく呼び続けながら探したんですけども、さっぱり現れず。

不安を抱きながらも、透析をしなくてはならないので駐車場をあとにし、透析室へ向かいました。

水とカリカリをいつもの場所にちょっとだけ置いて。

透析後(夕方4時くらい)にもまたいなかったら、もう「出産」決定かな……と思いながら。







最近は透析がない日も電車に乗って毎日みーちゃんに会いに行ってました。
なにせ今にも産まれそうなお腹でしたからね( ¯•ω•¯ )
いつ産まれてもいいように、とりあえずごはんをたくさん食べておくことが必要です∠(・`з´・)
体力つけるためにも。



(先週の日曜日に撮った画像)
↓↓↓




もうね、我が身に降り掛かっていることのように、みーちゃんのお腹に触るたび、ドキドキして胸が締め付けられるようでした。









そして本日の透析が終わって16時ごろ、ふたたび駐車場でみーちゃんを呼ぶと、待っていたかのタイミングで「にゃあー」と。





現れた愛しのみーちゃんは……





そうです。
あのパンパンだったお腹がスッキリとしぼんでいたんですよ\(°Д° )/



おおお (`✧∀✧´)






感激やら不安やらが入り交じってやたらテンパってしまったので、撮影がうまくできていないんですけど、
ごはんを食べているみーちゃんを撮影したものがこちら↓↓↓


(なんか……皮がたるんでのびている感じ)

で、上からみると、
これです↓↓↓




あきらか~に、昨日までのふくらみが消えています。

ああ……みーちゃん、ついに赤ちゃん産んだんだね・:* .\(( °ω° ))/.:




おそらく、朝はちょうど出産中だったか、産んだ直後だったんだと思います。
朝すこし置いていったカリカリは、キレイに食べていました。

そして新たにパウチの高カロリーフードをお皿にあけると、怒涛のがっつきで食べ始めたみーちゃん(இдஇ
よしよし、お腹すいてたんだねぇ(´;ω;`)

妊娠がわかってからはずっと子猫用の高カロリーのカリカリやウェットフードをあげていました。

授乳が始まるので、さらに高カロリーにしないと……(っ*´ェ`*c)





明日はペットショップに寄って新たに高カロリーフードを仕入れ、電車に乗ってみーちゃんの元へ行く予定です。

ちなみにね、スマホで「歩数」とか歩いた距離とか消費したカロリーとかが出るアプリを使ってるんですけど、電車と徒歩とでクリニックまでを往復する日曜日はいつも、9000歩くらいなんですよ。
↓↓↓



駅からクリニックまでは徒歩で1kmもないんですけどね。
3時間くらいみーちゃんと遊んで、ちょこちょことごはんを食べるみーちゃんにつきあって、まるにゃんも持ってきたおにぎり食べたり(*´ω`*)していると、自覚はないけどけっこう歩いているのかも。

あと、帰宅してから商店街縦断もやりますし、仕事であちこち行く場合もありますし、なので透析のない日はけっこう歩いてるんですよね、(o・ω・))-ω-))うん。











それにしても、今日のみーちゃんは、いつにも増してスリスリ攻撃がすごかったです。

にゃーにゃーひっきりなしに鳴きながら、めっちゃ顔をこすりつけてくるんですよ(∩´∀`∩)

しゃがんだまるにゃんの足の間に入ってきて、身体全体をすりつけたり。

そーっとお腹を触ると、たるたるになった皮?とぷっくりとふくらんだ乳房がわかりました。

子猫を産んだ直後は交戦的になると……なんかのサイトで見たんですけど、全然そんなことはなく、逆に前よりさらに甘えん坊になっています(*´ω`*)

あぁ可愛い(*´ェ`*)














ところで、みーちゃんが産んだ(らしい)子猫ですけど、どうやらまた、小学校の裏側の物置あたりにいるようです。

推測しかできないんですけども、今日はですね、いつも小学校の柵のところに出てくる子猫たち(みーちゃんの最初の子猫たち)が、呼んでも出てこなかったんですよ。

と、思ったら、みーちゃんにごはんをあげていたら子猫たちが4匹、ぞろぞろとやってくるではありませんか( ¯•ω•¯ )



その、もう5ヶ月の子猫たちは、小学校の柵のなかから出てきたことはいままで1度もなかったんですよね。
夜になると柵をすり抜けて出て遊んだりしていたようですけども。

それがね、みーちゃんのすぐそばまで子猫たちが来たんですよね。



すぐに思ったのは、「あー追い出されちゃったか( ¯•ω•¯ )」ってことです。

みーちゃんとこの子猫たちとはすでに生活の場を別々にしていて、
なのにそこへみーちゃんが第2弾の出産をまた同じ場所(子猫たちが住み着いている物置のした)でやってしまったもんだから……

よくわからないんだけど、たぶん5ヶ月の子猫たち4匹は、出産を控えた必死なみーちゃんに「シャー」されたんじゃないかと……( ¯•ω•¯ )











追い出された子猫たちは可哀想ですけども、みーちゃんも同じ場所で産むしかなかったと思うし。
(出産に適した場所はそうたやすくみつからないので同じ場所になりがちだそうです)




まーつまり、5ヶ月の4匹は居場所がなくなり、駐車場のあたりをウロウロするようになったのかなーと。

ちなみに子猫のひとりが、食事中のみーちゃんとまるにゃんに近づいてきたのですが、みーちゃんが「ぐるるるるっ」と低い唸り声を出し、子猫は逃げて行くという……(ノω`)

見ると遠くに残りの3匹もいて、伺うようにこちらを見ていました。

みーちゃんから離れて子猫たちの近くにカリカリを大量に置きましたらば……
子猫たちはかなりお腹が空いていたようで、すぐにカリカリにとびついていました(>︿<。)

まるにゃんのことは認識していて、だからお腹がすきすぎていたのもあり、アピールの意味で近づいてきたんでしょうね。






けどね、なんとみーちゃんが、めっちゃヤキモチやいてまるにゃんについてくるんですよ。

まるにゃんが子猫たちが食べているのを見ていたら、みーちゃん、自分の食事を中断してまるにゃんに駆け寄り、まるにゃんの足元にゴッツんスリスリ攻撃。

子猫たちがビクビクするので、まるにゃんはまたみーちゃんの食事場所へ移動(距離にして4mほど)するんですけど、みーちゃんはえらく興奮して、食事を中断してはまるにゃんにゴッツんスリスリしまくり。









アレですね。
「ごはんのひと」のまるにゃんを、子猫たちに取られちゃうのはイヤだ、ってことでしょうね。

「スリスリ」は信頼の挨拶であるとともに、「こいつはあたしのもの」という「マーキング」の意味合いもあるらしいです(*´ェ`*)

まー何十回とスリスリしまくり、落ち着いて食べないので、なかなか離れられませんでした。
(タクシーが来ていた)




そしてタクシーを頼んだ時間(16時10分)になったので仕方なくタクシーの方へ歩き出すと、みーちゃん、追いかけてくるんです(´;ω;`)

「なんで?」
「どこ行くの?」

みたいな表情をして。
綺麗な緑の目をまんまるにして。



タクシーに乗り込んでも、植え込みからじっと見つめてくるのです。

いつもと違うそんなつきまとい行動も、出産した影響でしょうか?


もう 可愛くってしょーがないです。










ところで、5ヶ月組の子猫たち4匹を「保護」し、みーちゃんもいったん捕獲して避妊手術を施した上でまた捕獲場所に戻す、っていうのをしてもらえそうなのです(*´ェ`*)

先週の日曜日にみーちゃんと遊んでいたら、「親子ネコおばさん」の娘さんの方(60歳くらいかな)に会ったんですよ。

「親子ネコおばさん」は最初から親子でネコたちにごはんをあげてくれていて、みーちゃんが第一弾で5匹産んだ子猫のうち、1匹だけ捕まえて里子に出してくれた親子さんです。
(捕獲に手こずり、残り4匹は捕まえられないまま現在にいたる)


で、その「ネコおばさん娘」さんと話していて、子猫たちを保護しようという話が出ている、と聞いたのです。
なんでも、近くに動物保護センターに勤務している人がいて、子猫たちのことは以前から知っており、
その人がついに(やっと?)子猫たちの保護&みーちゃんの避妊をセンターに頼んでくれたらしいのです。

子猫4匹を捕獲器を使用して捕まえ、避妊去勢手術&ワクチンなどした上で「譲渡会」で里親探しまでしてくれるのだと。

「ただ、親ネコは保護はしてくれへんみたいで……」

と「ネコおばさん娘」さんが情けなさそうに呟いておられました。

みーちゃんの場合は避妊手術後には、元の場所に戻す(=避妊済みの証として耳の先をカットし、みーちゃんは街ねことなる)ことになるそうです。




これを聞いて、まーどんなにまるにゃん嬉しかったことか(>︿<。)

やっと、やっとみーちゃんに避妊手術ができるのです。
地域に遠慮なく、みーちゃんの世話ができるのです。

ありがとう、保護センターのひと(ノω`)






あの4匹の子猫たちが保護されれば、そしてみーちゃんが避妊手術を受けられれば、かなり気分が楽になります。
(心配の元、対外的なビクビクのストレスが減る)






まるにゃんと同じように、ネコおばさんも「役所に相談に」行こうと考えていたようです。

その矢先、保護センター勤務のご近所さんが動いてくれたのです。

本当によかった(´;ω;`)












(日曜日のみーちゃんと、足だけ写ったネコおばさん娘さん)








「でも……この子がお腹大きいんはわかってへんと思うわ」

とネコおばさん。

「そうでしょうね。遠目にはよくわからないかも……」

とまるにゃん。





日曜日のこの時点で、まるにゃんとネコおばさん娘の考えの中で、

「出産が先か、捕獲が先か」

というのがありました。

なんでも、保護センターに「お金が入るのが月末で……」という理由で(意味がよくわからないんだけど、)捕獲するとしたら月末あたりになる、というようなお話だったのだそうです。

なので、産まれるのが早いか、それとも捕獲が早いのか、
捕獲が早かった場合、捕獲して妊娠がわかったらどんな対処になるんだろう?とかね。


ま、そんなことを気にしていたんですけども、現実には「出産」が先になったので、そのことは「保護センターのひと」に伝えなければなぁ、と今考えております。

日曜日にまたネコおばさんに会えるような気がするので、その時にまた話し合いしなくては。




もしみーちゃんが捕獲されても、獣医さんが見ればひと目で授乳中のネコだとわかるはずなので、避妊手術云々は先送りになるだろうし、

もしかして捕獲時に気づけば、捕獲をやめるんでしょうか。。

よくわからないんだけど、とりあえずこのたび産まれた第2弾の子猫たち(何匹かもわからないけど)に授乳するのに、最低1ヶ月はみーちゃんと子猫たちは一緒にいさせないとなぁ、とか。

いろいろと、考えることが……(ノω`)




小学校には「また出産します、すんません」と伝えてもらえるよう、ネコおばさん娘さんに頼んでおきました。

保護センターが関わって子猫たちを保護してくれる話をすれば、小学校側にも「また産みやがったヽ(`Д´)ノ」と激怒されなくて済むかなーと、まるにゃんふと思ったもので……( ¯•ω•¯ )

2度目は許せん!と保健所に通報されたりすると困っちゃいますからね、(o・ω・))-ω-))うん。









ということで、ただいま子猫産みたてホヤホヤで、お腹の皮がたるんたるんになってて可愛いみーちゃんのご報告でした(∩´∀`∩)




あ、透析は順調です。
あまりに順調なので書くべきことがありません∠(・`з´・)

ちなみに今日の増えはドライから0.7kg、実質0.9kgで、
血圧がまだちょっと高いのでドライより0.3kg引き込む計画で0.8kgを足して合計1.5kgの除水。

最後まで血圧変わらず( ¯•ω•¯ )

(´-ω-)ウム



ま、低すぎるよりいい、とドクターBも言ってたし。
血圧に関しては様子見ですかね。
(ま、高いと言っても一時ほどでもなく160程度だし)

なにより透析直後に走り回れるほど身体が軽いのは、良い透析ができている証拠なんだと思いますし(∩´∀`∩)





ではまた。
スポンサーサイト



3 Comments

ガリ子  

良かった٩(๑òωó๑)۶

みーちゃん無事に
子供産んだんやねー!
良かったぁ(๑•∀•๑)

まるにゃんさんも
これで一安心ですね(*´罒`*)

私も今度こそーっと
見に行こうかなぁ?

2018/09/27 (Thu) 21:58 | REPLY |   

maeda  

無事生まれてよかったですね!

ところでマエダ、実はネコマスター(謎)でして、目も開いてない捨て猫や育児放棄ネコを保護したことが4回あります。

子猫は生後数ヶ月経って飛び回れるようになると意外と捕獲が大変なので、今回生まれた子猫は今のウチに保護するのも手じゃないかと思います。

マエダの経験上意外と大丈夫ですよ、保温と授乳、あとお尻をマッサージして排尿を促すとかわりと簡単。

ちなみにウチが保護した4ひきのウチ2匹は動物病院経由でもらわれ、2匹は我が家の子になってます。

ネコは好きは世界を救う!


追伸:目が開いてないくらいの子猫の育児、めっちゃ可愛くて萌えますよ❤

2018/09/28 (Fri) 12:21 | REPLY |   

ピカ子  

みーちゃん

こんばんは!
ミーちゃん、まるにゃんさんちに
養女に行く、ってのはダメですか?

避妊手術してから縁組
ってどうでしょうか?
そうなったらミーちゃんの一ファンとしての
ピカ子も安心なんですが。

子猫ちゃんはマエダさんのおっしゃるように
生後間もなく保護された方が
抵抗なく人に慣れます。
最初こそ、赤ちゃんのくせに
可愛くシャ〜シャ〜言いますが
お尻刺激して排便排尿
うながしてあげてるうちにうっとりとして、
懐いてきます。

是非 里親さん見つけてあげて欲しいです。
ちなみに、我が家は 完璧な大人になってから
の野良猫たちの溜まり場になってました。

最後は家にちゃっかり上がり込まれて、
いまでは、私のベッドの上は4匹の
巨大猫に占領されて
主である私が 小さくなって眠っている
始末です。

脚が攣る晩などは
猫の重みで、攣りが増強、一晩中
悶絶しますね。

ま、可愛いから許してあげてますが
翌朝は目の下にクマがくっきりと
でて、ひどい人相です。

ま、可愛いからゆるしてあげてますがね
(リフレイン)



2018/10/07 (Sun) 00:59 | REPLY |   

Post a comment