FC2ブログ
flower border

透析後に【無症状】であることの大切さ(​ *´꒳`*​)

Category透析ピープル



こんばんちゃ´ω`)ノ

今日もヤバい気温だったー……(o_ _)o パタッ
今朝は文句なしの晴れ☀️.°
しかし朝見た空はほんのりとパープルぽくて、なんだか秋めいて見えたのに、
透析が終わってクリニックを出た瞬間、痺れるような日射しと粘着力ハンパない湿度のコンビ攻撃で、まるにゃん地面とおもいきり抱擁しそうになりましたよねΣ(°д°"ノ)ノ







午後4時すぎ、まるにゃんがコネたちに本日2度目のごはんをあげ終わった頃に、Oさんがやってきました。
Oさんはウチワを顔の横でひらひらさせながら笑顔でまるにゃんに向かって歩いていらっしゃる。

スローモーションにしか見えないウチワとOさんの手の動きを見ながら、
(てか歩き方もね、亡霊ちっくなスローモーションなんですよ)

「ウチワは、わざわざ自宅から持参するほどの意味があるのかな、この灼熱の午後4時に( ▔•ω•▔ )」

と、まるにゃん思いましたが、いつものように何もツッコミませんでしたマル∠( ̄^ ̄)

(ま、後で書きますが、この時まるにゃん、ツッコミするような元気がありませんでした)


はい(・∀・)/
今日もエアコン死亡中の部屋に戻ってまいりました、(○・∀・)ノ マイド!!、「今日いきなり太っちゃった(∀`*ゞ)テヘッ」まるにゃんです|^・ω・)/ ハロー♪









「いきなりは太りません( ー`дー´)キリッ」

っておっしゃる方もおありかと思いますけど、でもね、「体重計のメモリが増える」のは、よく「いきなり」だったりしません?


とくに我々みたいな透析患者だと、わりとひんぱんに体重計に乗るわけですけど、体重計のメモリが増える時って、100gずつ増えるっていうのはあまりなくて、いきなり300(3メモリ)500(5メモリ)と増えるとかあるあるですよね。
(注 寝起き一発目の体重の話です)

(えっ、まるにゃんだけ(・д・。)?)













ま、いいや(・∀・)

とにかく今日のまるにゃんの透析状況を見ていただきましょう( ー`дー´)キリッ


ちょっと前フリしておきますと、今日は予定外の水分摂取が約1kgはありました。
これは、プロテインバーやらそれに似たカロリー強化フードをあれこれ食べすぎた結果、めっちゃ水分摂取する羽目になりました∠( ̄^ ̄)

ってお話なんですよね。

プロテインバー自体は1本40g程度なので1ダース食べても480gですけども、それを食べすぎた弊害が.......(ノ∀`)アチャー

プロテインバーにも色々ありますけど、まるにゃんウェハースのやつが好きなんですよ(ぅふ)

チョコやグラノーラでコーティングしたようなネチッと系 重た系は苦手なんですけど、このウェハースとプロテインクリームとのサンドイッチがぁ.......(ノω`)
これが、口の中の水分を根こそぎ奪ってくれちゃうんですよねー(´△`)



んで、なぜそんなに1kgも水分摂取してしまうほどのプロテインバーを食べちゃったのか?

ですよね( ・∇・)


うん、実はね、先週火曜日の血液検査の結果、カルテに貼り付けてあったの、見せてもらったんですよ、木曜日に。

まーぶっちゃけ、「タンパク不足」だったわけです。
アルブミンがさらにまた0.1下がり、「3.5」しかなかった(T^T)
総蛋白もまた下がってたし。








それがショックでアタマの片隅から離れなかっんですね、(*´・д`)-д-)))ソゥソゥ
補液を増やしたのも原因の一端ではあるかもしれないけどもね。


摂取が足りてないっ└( 'ω')┘ムキッ


ってそこはなりますわな、うん。




で、2日に1度2本だけプロテインバーを買うファミマで、おととい、魔が差したんですね、これが。

2日に1度2本っていうのは、筋トレの後に食べるためなんですけど、

それをおとといは、ウェハースのやつだけですけど、お店にあるだけ買い占めちゃったんですよ(つ∀`*)

帰宅して数えたら24本ありました。


で、今残っているのは3本だけです。

24-3=19





そう、おとといの夜からこっち、プロテインバー19本食べちゃってるんです←(´△`)バカ?

もちろん普通の食事もしっかり摂ってるし、なんならいつもより大量に食べたし。


つまりものすごい量のカロリーとタンパク質、摂取してるんですよねー( ・∇・)







このプロテインバー1本でタンパク質10g、そしてカロリー193kcal。

19倍にして計算するのがコワイ(∩´﹏`∩)








ま、そんなこんな前フリしましたが、本日の体重の増えは、自覚ピッタリの、ちょうど3kg。
で、返血ぶんの0.3を足して除水量は3.3kg。
1年ぶりか、それ以上ぶりの除水3kg超え。


まー、除水量は許容範囲内で済んでるので、それはべつにいいのです。
プロテインバーのウェハースふぁっさふぁっさで水分摂取が増えました( ー`дー´)キリッっていう、原因もはっきりしてる話ですからね。

でね、注目は血圧なんですよ。
それがこちら↓







いつもの倍近く増えたというのに前回より血圧が平均して低いんですよね。

てことは( ¯•ω•¯ )?


















ってことですよね\(´・ω・`)/


まるにゃん、体重下げどまるどころか、

今日いきなり太っちゃった\(°∀° )/




てことですよね(*´ェ`*)!?















しかーし(*`・ω・´)

血圧だけでなく、「脈拍数」をみてみよう(๑•̀д•́๑)キリッ







前半はいつもよりちょっと多めとはいえ、70台に収まってますけども、後半1度血圧が最近では珍しい160前後あたりまで下がって、しかも脈拍数が88とか96とか、、なってますね。


この時間帯、まるにゃんちょっと「暑いなー」と感じて、うっすらと汗もでてきてたし、なんとなく心拍が早い気がしたので、ナースコールして14時台の血圧を早めに測ってもらってます。
で、14時台に2回血圧記録があるのは、まるにゃんが
「さっきの脈拍数が気になるからも1回測ってー」

と、30分とあけず2度目を測ってもらったからです。

この14時台の2回の脈拍数を見れば、明らか~に「心臓が危機(酸欠)を察知して必死に頑張って」ますよね( ¯•ω•¯ )




血圧測ってくれたスタッフに、

「心臓が頑張ってるね」と言ってみたら、

「あかん、血圧足りひん、って思ったんですかね」

(お、なかなかわかってらっしゃる)



「なんかしんどいとかあります?」と聞いてくれたけど、以前に経験したような切羽詰まった症状がないし。

「べつにないのよね、それが」

「じゃ、除水はこのまま様子見ます?」



(新しくきたこのスタッフは、160も血圧あるんだし、まるにゃん元気そうだし、と思っていたのでしょうね、積極的に除水調整を提案しなかった)


「あとちょっとだし、大丈夫だと思う」とまるにゃん。

「わかりました、なんかあったらナースコールしてください」

スタッフ去る。







まるにゃんの場合、ふだんがひどい高血圧ですので、血圧160前後でもう、心臓はちょいパニクるんでしょうね。

「ん? 急にえらい低いやん? あかん、なんや不安やからちょっとがんばっとかな( ー`дー´)キリッ」

みたいな。




あと、思ったのは、
オンラインHDFの強み(血液希釈が急な低血圧防止に有効)を体感しましたー∠( ̄^ ̄)
って感じでしょうか。











けどね、
ここで終わらないのが

まるにゃんのまるにゃんたる所以かな(芭蕉(偽))





返血後に測った血圧は172で、脈拍数は80。

まー誰がどう見たって「低血圧(脱水)」ではないですよね、うん( ¯•ω•¯ )
だから誰も、まるにゃんの血圧や脈拍数がいつもとかなり違うということ、そして大したことなくても多少とも「症状」があった、
ということをまったく心配しなかったんですよね。

ただね、まるにゃん自身は内心でこう確信していました。

(おかしいよね。もしかしたらこのあと外気の暑さで血圧低下するかもしれんな、(´-ω-)ウム)




止血が終わり、
起き上がって、
ベッドを片づけて、
帰りの体重を測って、
更衣室で帰り支度して、
靴箱で靴を履き替えて、
2階から1階まで階段を駆け下りて、
クリニックの自動ドアから灼熱の屋外へ.......


というあたりまで、もうぜんぜん大丈夫だったんですよ。
通常でした。


それが、
コネたちを呼び、待ちかねてるジュニとポンちゃんの前にそれぞれフードを入れたお皿を出してあげて.......

2匹の首のあたりを交互になでていたら、



あれ、なんか

(。´-д-)ダル。



で、いきなり額やアタマから汗がドバーっ、











わっ、






ってわかりました。

危惧していたアレですよ、
そう、
低血圧ですよ(=_=)


無防備に立っていられず、コネたちが食べているとこの鉄柵につかまり、
ただただひたすら、コネたちが食べおわるまでは倒れられにゃいぞ(`・3・´)

と気合いだけでじーっと耐えてました。



コネたちが完食して毛づくろいし始めたのを見てホッと胸を撫で下ろし、
もう仕方にゃい、さっさと食器やゴミを片づけて.......というかカバンの中にがさっと放り込んで、
Oさんが来ないうちに帰っちゃえ、




と、チラッと横目でみたらいつもの迎えのリフト車がそばに停まってたので、もうコネたちと遊ぶ体力はないから「ごめんね、バイバイ」と言いながらくるりと横を向いたその時、






笑顔すぎる笑顔のOさんが、ウチワをふわふわやりながらまるにゃんに向かってあるいてくるのが目に入ったのです( ´Д`)ハァ...⤵︎ ⤵︎







そのあとのOさんとのやり取りは、ぜひみなさんがご想像ください。


「ちょっと血圧が下がってるから冷や汗がでて、倒れそう」

「立ってられないから、今日はもう帰るね、ごめんね」


まるにゃん、このたったふたつのことしか言ってないんですけども、そのまるにゃんの日本語がまったく通じず、

Oさんは、ぼやーっ、とした顔で「あー」と「はー」しか言わないのでした。



「えっ、低血圧?
大丈夫?」



とか心配してほしいとは言いません。
しかし、心配するも何も、日本語が通じてなかったので、
まるにゃんいつものように、バッグから新しいカリカリの袋を3つとレトルトパウチなど少し取り出し、Oさんに手渡してすぐにリフト車に向かい、運転手さんにドアを開けてもらうと同時に車内に倒れ込みましたマル∠( ̄^ ̄)

「あっ、大丈夫ですか?」

「久々の低血圧。死なないから大丈夫よ」



とっとと帰りました。
リフト車の窓からOさんを見たら、ウチワで柵の向こうをヒラヒラと扇いでいました。

コネたちを扇いでるのかとよく見たら、コネたちはだいぶ離れた日陰でかわいく毛づくろいしていました。







Oさんはいったい、何を扇いでいたのか( ▔•ω•▔ )



今日のOさんは、いつにも増して「謎」すぎて怖かったです;;(∩´o`∩);;




今日のOさん物語り、終わり。








.......って、( ´з`)⊂(´∀` )ナンデヤネン



じゃなくて、
タイトルの話になるんですけど。

「透析後に無症状であることは重要」というのをかの山羊先生もいろんな場所でお書きになっていらっしゃいます。

「透析後の無症状」は「適正な透析ができている」証拠でもありますしね。

無症状というのは、つまり透析をしたことによる「しんどさ」などがないことを、立派な透析医の先生方は言っておられます。


今日のまるにゃんのように、暑い外に出ただけで低血圧の症状が出るようなことでは、今日の透析は「適正透析」ではなかったということです。


食べすぎ飲みすぎ、偏食(プロテインバーばっかりとか)などをしないように気をつけなきゃ、ですね。

ドライウェイト見直しが必要になるかもしれないので、しばらく除水設定は慎重にならなければ( ー`дー´)キリッ

引きすぎよりは、多少ウェット気味でよい、とはまるにゃんの体感ですが、
今日はちょっとだけ、引きすぎたのかもしれません。
総除水量が3.3kgと、とつぜん多くなってしまったのも、原因の片棒をかついだかもしれません。

とにかく、「除水による透析後低血圧」だけは裂けたい、まるにゃんでした(o_ _)o








ではまた。







スポンサーサイト



3 Comments

まるにゃん  

算数が( ・д・)

算数ができなくなるほどのダメージだったのかしらー(´△`)


「訂正」

✕ 24-3=19

〇 24-3=21

すみませんm(_ _)m

2019/09/07 (Sat) 23:54 | REPLY |   

殿様地蔵  

体重増加の件

おはようございます。
 
まるにゃんさんの記事はいつも臨場感あふれる楽しい内容ですね!

え!!プロテインバーを21本も食べたんですか(;・∀・)
きっと、エアコン怒りの鉄拳がそうさせてしまったのかも--

ストレスは理性や正常な判断能力を奪ってしまうように思います。
特に、大阪で生きていくには少し“あつかましい”ぐらいがちょうど
いいのかもしれませんね。

さて、体重増加の件ですが、DWを下げる判断よりも上げるほうが難しい
ような感じがしています。

体重が増えてもそれが水分なのか筋肉、脂肪なのかわかりづらいので、
DWを上げるタイミングとしてはハンプ(適正値26~60pg/㎖)や
CTRそして血圧を総合的に判断するということですよね。

ただ、当施設のように血液検査でハンプの数値を出さない、またCTR
も患者にデータとして開示されないやる気のないヤバイ病院では血圧と
体感そのものだけが頼りです。

適正BMI(指標としては少し怪しい?)も少し高めの方が予後が良好
といったこともありますので、まるにゃんさんも私ももう少し体重を増や
したいですね。

P.S. 大阪には大学から社会人にかけて15年ほど住んでいましたので、
    灼熱の蒸し暑さをエアコンなしで暮らしているまるにゃんさん
    の心中をお察しします。

    また、大阪のおばちゃんの厚かましさは、東京や北海道では
    パッシングを受けますが、大阪では生きていくための必需品
    といったものですので、透析施設や管理会社に対しても遠慮
    しないで自分の意思やポリシーをストレートに出していって
    もクレイマーとかモンスターとかと思われにくいでしょう。
    
    





2019/09/08 (Sun) 09:15 | REPLY |   

まるにゃ@ん  

殿様地蔵 さま

こんばんはヾ(・ω・`)ノ

(;´・ω・)ウーン・・・
プロテインバーをバカ食いした原因はもちろんアルブミンがまたしても低下したことのショックからですけど、
あれですか、もしかして管理会社の電話にブチ切れたのも.......アルブミンショックのストレスからだったんですかねぇ( ・д・)ヤバイジャンヤバイジャン


体重ですけど、たしかに「DWを下げる判断よりも上げるほうが難しい」と、
少なくとも医師はそう考えているように私も思いますね。
おそらく「引きすぎ(脱水)」は透析後の飲食ですぐにでも解消できますけど、「引き残し(溢水)」は、やはり肺や心臓に水が溜まるなどの恐れから、医療者側はなかなか「DWを上げる」のをしたくないんだと思われ。

でも、透析中に足や脇腹が吊ったりするのを、毎回毎回漢方みたいなのを飲んで収めてまで、そんなにギリギリまで除水しなくてはならないのかな??と私は疑問なんですよね。

今回の記事のタイトルにも出したように、透析患者のQOLを損なうものの代表が「透析後の不調」じゃないかと思うんですよね。

その「透析後の不調」のほとんどは、「引きすぎ(脱水)」によるものだと思うし、その不調のせいで透析後しばらく、あるいは翌日まで、思うように動けない やるべきことができないなどと、
体が吊るのを薬で抑えてまでギリギリまて除水した結果として、その人のQOLはめちゃくちゃ低下してしまいますよね。

透析を、なんのためにしているのか?と聞きたくなります。
元気になるためでは?
毎回不調になりながらでもひたすらギリギリまで除水したいということなら、まーご本人の勝手で、私が四の五の言う立場にはないんですけど。
(じっさいは、度々の引きすぎ透析が寿命を縮める、という研究結果も出てますけども)

この「ギリギリ除水」は、まさに、
医療者側の、「安全策(溢水を避ける)を取りたい」という思惑と、
透析患者でありながらダイエット志向(100gでも体重を下げたい)な患者の思惑とが、うまく(?)マッチングしてしまった負の結果じゃないか、と思うんですけど( ・д・)
(まるにゃんの勝手な考えですので、ダイエット志向の透析患者を非難しているのではありません)


体重が増えてもそれが水分なのか筋肉、脂肪なのかわかりづらいので、
DWを上げるタイミングとしてはハンプ(適正値26~60pg/㎖)や
CTRそして血圧を総合的に判断するということですよね。

ただ、当施設のように血液検査でハンプの数値を出さない、またCTR
も患者にデータとして開示されないやる気のないヤバイ病院では血圧と
体感そのものだけが頼りです。

>>私のとこでも、ハンプは調べないですよ。
胸のレントゲンは毎月撮りますけど、アレはまったくあてにならないです。
自分の体感と全く逆な数値を示したりすることがありますからね(*`・ω・´)

私の場合レントゲンの結果としてのチェックポイントは心胸比でなく、「肺や心臓にじっさい水が溜まっているかいないか」それだけですね。


大阪のオバチャンのあつかましさ、とひと口に言っても、なかなかにバリエーションが豊富ですけどね(笑)

私はなかなか大阪のオバチャンにはなりきれないまま死ぬ気がします(´△`)

じつはね、ブログ上で展開されている「まるにゃん」ほどには暴れん坊じゃないんですよね、わたし(笑)
意外と(?)ノーマルな感じの対人関係を日々こなしております(`・3・´)

ま、ブログに書いていることは一切誇張もなく事実ですけど、「書かないこと」は「書いたこと」の何十倍何百倍もあるわけで。
なので「書いてあること」が「まるにゃん像」として、読む人のイメージになりがちなんだろうことは、容易に想像できますよね(*´ェ`*)
まーそれでいいんですけど(∀`*ゞ)テヘッ

「もう少し太ったほうがいい」はその通りだと思っているのです。
165cmで45kg切ったら、見た目も棒みたいなのでヤバイです;;(∩´o`∩);;

コメントありがとうございました🦋

2019/09/08 (Sun) 18:59 | REPLY |   

Post a comment